レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

流産を防ぐため

10月は次々と、妊娠のご報告をいただき
驚くほどでした

それはとても嬉しいことだったのですが
なかには、とても悲しい 結果になられた方も

稽留流産の場合、必ずといって良いほど
染色体異常だった可能性が高いので
仕方がなかった

そのように伝えられると思います。

私も、多くはそうかもしれないと
思っている時期もありました

そのような時
ハルピンの黒竜江省の中医薬病院で
研修した際
流産率が非常に低いことに驚かされたのです
流産になる可能性の高い兆候を示す方に
諦めず
妊娠継続のための漢方薬を処方され
非常に良好な経過を得るということ。

最近注目されつつある
免疫性不妊の可能性も踏まえ
妊娠してからも、赤ちゃんの
成長、発育のための漢方薬を
処方することにより
流産を防ぐことができる症例が
思ったよりも多い可能性があることを
学びました

妊娠してからも
漢方薬の継続は大切であること
状況に応じて
服用するものは変化するので
必ず相談していただくようにする事を、
しっかりお伝えしなければいけないと
反省した例もあります。

次に繋がるように❗

今日は
日本中医薬研究会の
学術委員会
学術委員になって2年目。
沢山の学びのもともあり
役得です!
良いお天気で、富士山がとてもきれいに(*^-^*)

出掛けるのは大変ですけれど
ご褒美ですね🎵

DSC_3786


サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は

12月13日(金) 14日((土)


大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら

しっかり体調を整えて、妊娠

毎日気候が変わり
寒暖差に。。。私は。。。。マスク姿・・・(´;ω;`)

言い訳としては。。。。
ダイ先生からもらいました(`・д・´)

中国研修から帰ってきたばかり
手首等でのけがで、毎日がストレスフル
そんな時、ダイ先生まで風邪・・・・

ダイ先生は素晴らしいことに、2日ほどで治してしまいましたが
少しのどがおかしいなと思った後

マスクなしで、ひどい咳をされている方のご相談をし
二つの風邪に負けてしまったようです。゜(´Д`)゜。どうかお気を付けくださいね


そのような中
10月になって、妊娠のお知らせが続きました!

Mさんは
1人目の妊娠もお手伝いさせていただき
二人目の妊活スタート・・・・

その中で
甲状腺機能亢進症ということが新たにわかり
病院の治療で体調を整える話になりました

いつもニコニコ元気なMさん
もしかしたら、ハイテンション?だったのか・・・
うっかりしておりました

このような時
病院の治療と共に
扶正去邪(ふせいきょじゃ)の考え方をもとに
免疫力を調節する漢方薬でフォローさせていただくと
治療の効果をサポートすることができるとともに
妊活にもプラスにつながります
数値は順調に下がり

3か月後に妊活

妊娠のお知らせをいただきました

詳しい内容をお知らせできませんが
焦らず、しっかり体調を整えたことが
プラスにつながった例です
1人目の妊娠に関して、当店に来られるまで
とても苦労されましたが
当店に来られてから、1人目の次、2人目も順調に授かられ
本当に嬉しく思います

庭の椿の花が咲いたので
玄関に飾ってみました


DSC_3650


こうやって飾ると
とてもかわいいお花だと、
今更ながら気が付きました
少しずつ秋が深まっていくのですね・・・

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は


10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう

妊娠できるためにとても大切なこと

不妊症難病にたいする中医薬の治療法
国際学術研討会

長い題名ですが💦
無理を押して、南京に来て本当によかったと思います
DSC_2808
左手の黒いサポーターがみっともないですが(^_^;)
わざわざ、座席にはこのように、日本のメンバーは名前つきです


_20191013_232900


隣は福井市の越嶋先生。長年一緒に勉強してきました
切磋琢磨しながら、刺激を受けています

そして、昨日今日の夏桂成先生のお話
中医学講師の先生がおられなくて。同時通訳機で、通訳をしてくださり
全く問題なく聞くことができました

何より驚いたのが、
夏桂成先生のパワーです

90歳にもかかわらず
張りのある声で講演!


_20191013_110734

講演のスピードに、ついていけないほど
迫力ある声での講演は、2年前と全く変わりありません!

内容は、2年前から進化していました❗
そして、私が日頃迷っていたことに
ヒントもたくさん

夏桂成先生が一番大切に
何度も強調されていたこと

睡眠の状態です

高齢になるほど
いかに睡眠の質を良くするかが
妊娠のポイントになると言うお話

生活養生はあたり前で
そのための漢方薬の考え方について
話されました

卵巣の機能を高めるには
腎を、補う生薬は基本です
その上で、睡眠をよくすること

私も普段大切にはしていますが
もっとしっかりフォローする事
肝に命じようと思います

そして、やはり睡眠を悪くする生活を
極力しないような養生

その大切さを
お伝えしようと思います        


中国、中医婦人科国際会議へ

先日、玄関に届いた大きな荷物
何とか、運ぼうと手にかけたとたん
足を踏み外して、落ちてしまいました💦
結果
手首と肘の不全骨折😢

不自由な毎日です

明日からの中国研修も
一時はやめようと思っていましたが
皆さんに助けていただきながら
参加させていただくことにしました

中国南京
周期調節法の大家
国医大師夏桂成先生の講演があり、

南京中医薬附属病院主催の国際会議

です

少しでも実りある情報が得られるように!
                                                                                                                                                  

DSC_2757


涙の妊娠

最近は妊娠の報告がたてつづきに続きに・・・

中でも感動的だったのが
Kさんのことです

私のところに相談に来られて2年
治療は過去3年間、
人工授精も1年間近く毎回に近い治療歴がありました

このような方は
本当に多いと思います

体外受精の壁は厚く
自分の気持ちなどもあって
ひたすら人工授精を続ける

とても気持ちがわかります



治療を続けると
どうしても、妊娠力は弱まります

中には、たった数カ月の治療でも
治療をきっかけに減少した月経量が変わらなかったり
月経周期が変わってしまい、戻らなかったり

ホルモンの分泌を抑えたり
増やしたり
その作用をブロックしたりするのですから
大なり小なり影響があるのは避けられません

Kさんもまた同じで
どうかすると周期は短くなりがち
多嚢胞性卵巣のような症状が出ています

まずはそのホルモンバランスを整える方法から
しっかり元に戻るまでの治療休止のつもりでした

途中精神的に負荷がかかる状況になられたり・・・
心配していた通り、体温にも表れてしまっていました

その状況が落ち着き
体温も少しずつ安定

ご来店から2年近く経過しています


だんだん厳しくなる年齢の中
ここで妊娠の状況がない場合
体外受精という選択肢は考えられないのか
私の心も非常に揺れるところです

そして先日

「よくわからない状況で、この日まで待っていました」

不安そうな表情のKさん

高温期の体温が今までにないほどきれいに上昇し
生理予定日から少し過ぎていますが
徐々に上がり、下がっておりません

「きっと妊娠している。今検査してみて」
そうお伝えし、
検査をしていただき、妊娠がわかりました

「震えてしまいます。どうしたらいいかわからない」

涙ぐみながら、喜んでいいのか、
とても驚きすぎて
信じられない表情です



まだ、Kさんには、たくさんのハードルが待っています
ただ、大きな大きなハードルをまずは一つ乗り越えました

これがとても大切なことです

このまま無事に育たれ
周りの方にとっても、
希望の光になりますように

DSC_2749 (002)


台風前の秋の空
今日はお花を植えようと思っていますが・・・・


サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は


10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう

「今日1日を命一杯」こんともちゃん(林智子さん)のおはなし

20日、木之本にて

「今日1日を命一杯」という演題で、「こんともちゃん」こと、
林智子さんのお話しを伺う機会に恵まれました

講演は7時30分から
お店は、特別に午後7時に終了し
いそいで帰宅

ダイ先生と二人で
会場へ・・・

「あーちゃんの虹」を書かれたこんともちゃん

話をしているだけで
温かい気持ちにさせていただける
素敵なオーラをお持ちです

多分たくさんの悲しいを乗り越えてこられたから
命を削られるような悲しみの体験をされたから

だからこそ
こんともちゃんのメッセージは心に響きます

DSC_2720


私は何回も講演を伺い
著書も読み
ご本人からも様々な気持ちを伺っているにもかかわらず

やはり講演で泣いてしまいました
悲しみの涙というより
感動の涙です

「命の大切さ」
「人と人とのつながりの大切さ」

今大切な方へ
素直になりメッセージを伝えること

明日には何が起こるかわからない
今日のうちに・・・

自分のときときした心の針が
すーと溶けていくのを感じました

素晴らしい力ですね

FB_IMG_1569083056892


そして土曜日は
神様からのプレゼント
Kさんのおなかに初めて命が宿りました

来店され、体温と脈、最近の体調から
妊娠を確信

「近くのドラッグで妊娠検査薬を手に入れて
まずは検査してみて」

もどられたKさん

「先生どうしよう、手が震える」

信じられない気持ちから

それもそうですね
不妊治療も経験され
ここに来られて、2年
今まで妊娠されたことがありません

少し前から、専門病院の受診を
おすすめしていたのです

「そこまでしようと思っていないのです」

そのお気持ちを大切にし
漢方薬を飲みつないできました

どうか、今はまだ小さな命のともしび
大きな太い松明の火になりますように

祈りとともに
安胎の漢方薬をお渡しいたしました

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は


10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう


めまいが起こったら

今日なとても涼しく
肌寒くさえ感じました❗

1週間前の気候を考えたら、
大変な温度差です

こういう時風邪引きさんが増えてきますね
朝晩の寒暖差に、要注意です

また、今の時期多いのがめまいで悩むかたです。

今日は京都での勉強会
「めまい」についてです。

めまいが起こるとつらいですね

朝目が覚めて起きようとするとぐるぐる目が回る
歩くとふわふわしてしっかり歩けない
ぐるぐる目が回って気持ち悪くなる
頭痛や吐き気を伴う

酷いと救急車で運ばれることもあると思います

めまいの原因は
東洋学的には、

気が不足している
血が不足している
水分が溜って、うまく排泄できない
血液の流れが悪い
体液が不足してしまっている

上記の要因が考えられ

不足と過剰

これ等の原因が複雑に絡み合っている場合も多くあります

今日は、一つの症例をもとに
グループにわかれ
どの処方がいいか話し合い

このような方法は
非常に有意義で、それぞれ考えたが似ていたり
少し違ったり

これはとても楽しかったです


そして
後半は秋本先制による講義
パワー全開です


_20190919_190653

乳がんステージⅢbの症例
10年以上の咳が治らず眠れない老人の症例
5年以上眩暈が治らない症例
ICUで危篤といわれた、腹痛の症例など
現代医学で治らなかった症例が
中医学で治ったという代表例として
質問形式を交えて紹介していただきました。

時々漢方薬は奇跡を起こします

全く治らない
又はほんのわずかなわかりにくい変化
そのような状況が長く続くことがあります
良くなっている兆候を見落とさず
ぶれない気持ちで漢方薬を処方し続けた結果
改善に至った例もあり

これは妊活と共通点を感じます

あっという間に時間は過ぎますね・・・・

この時間は本当は寝なければいけない時間
しかもパソコンは触ってはだめです・・・・・

私も更年期世代になり
眠り方に一工夫が必要になってきました・・・
今日はここまでにしますね(*^-^*)
おやすみなさい

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は


10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう


その後・・・

最近スケジュールが忙しく
毎日が飛ぶように過ぎていきます

ダイ先生は、
山に草刈りに・・・・
(詳しくは本人に聞いてください)


中秋の名月も

「今日はお月様が、真ん丸できれいに見えるなー

と思いつつも
それが、「中秋の名月」とも気が付かず

あとから、次の日テレビで知りました

何かに集中してしまうと
周りが何も見えなくなって、結果、ダイ先生にいらわれます(´;ω;`)
ちょっと不器用だと、自分でも感じていますが・・・・

話は変わり

先日の勉強会では
世界中医薬サミットの素晴らしい講演の復習を
3人の先生にしていただきましたが

2日目の紹介をさせていただく間もなく・・・・

今はひたすら
消化の毎日です

私も論文発表をさせていただいたと
お伝えしました・・・・
4月の内容を再度紹介することだったので
今回は少しだけリラックス
写真は・・・・
無いのです

先日
妊娠された方からいただいたお菓子
「なかなか来れなくなるので」
少し遠方なので
残念ですが、ひと時のお別れです・・・・
本当に申し訳ございません

DSC_2679

もうハロウィンの頃になってきているんですね・・・・

少しだけ秋の風
明日から頑張ります


サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は


10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう



着床に関する興味深い症例から学ぶこと・足立病院 生殖内分泌医療センター長 中山貴弘先生のお話し 2

今日は涼しく
雨の降った後の地面が柔らかかったので
思いっきり雑草と闘っていました

雑草の強さには本当にあきれます
1日でどれだけ伸びるのかと・・・・・
腰も、肩も、手も、腕も
あちらこちら痛すぎて・・・・

私の奮闘努力を見ながら
「除草剤使う?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」とダイ先生

絶対使いたくないと頑張っている私を笑っています。・゚・(ノД`)


今日は引き続き、京都足立病院,生殖内分泌医療センター 
中山貴弘先生のお話しの続きです


DSC_2573


症例3では
排卵障害(黄体化非破裂卵胞(LUF))を繰り返しており
解凍胚盤胞で、ハッチング障害がだった
という方

そこから考えられることは
排卵障害を繰り返しておられる方は

卵巣全体の結合織が硬化し、排卵障害や、
ハッチング障害を起こす可能性があるとのことです

上記を漢方の考え方からいうと

痰濁、瘀血が関係すると考えられ
どのように解決していくかだと思います

症例4は
通常の日にちでの胚移植を繰り返しても妊娠せず
3日目に移植して妊娠した


この方は排卵前から黄体ホルモンの上昇がみられ
早い段階でのインプランテーションウィンドウが訪れていたために
妊娠できなかったという結果です

確かにそう思われる方が
時々おられます

東洋医学的には
補腎陰と、気持ちを落ち着ける働きの漢方薬を併用する対策を
考えるところです

症例5では
ERAの検査をもとに、DAY7での移植によって妊娠につながった
症例です


医学の進歩により、
インプランテーションウィンドウ(WOI)を調べる検査方法が
できました

ERA(Endometrial Receputivity Analysis)は
WOIの予測日を測定する検査です
WOIは個人差があるといわれており
繰り返し移植をしても妊娠につながらない方の一部で
WOIが一般的な日と違う可能性があるとのこと

症例として、ERAを測定した結果、高温期3日目の移植が望ましいとわかり
高温期3日目の移植の後妊娠した例と
ERA検査で高温期7日目の移植が望ましいとわかり
高温期7日目の移植をし、妊娠した症例について紹介されました

他にも、
第一子はDay4胚移植で妊娠出産した後、2人目は結局ERA検査で
Day6の胚移植をすることになり妊娠出産した例なども紹介され
WOIは様々な条件により変化する可能性についても触れられました

このような状況が起こることを考えると
第2子不妊の場合、漢方薬で体調を整えることにより
WOIと胚の成長のリズムが整い、
妊娠につながる可能性があることが予測されます

その後は、子宮内膜炎と着床障害についての話もありましたが
その件については、機会があったらまた触れてみようと思います

午後からは、いよいよ私の論文発表です
とはいっても、4月の中医サミットでの論文発表を、
再度してほしいとのことだったので
同じ内容ではありましたよ

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は

9月6日(金)7日(土)
10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう







着床に関する興味深い症例から学ぶこと・足立病院 生殖内分泌センター長 中山貴弘先生のお話し

雨は恵みの雨のはずですが
時々様子が変わってしまいます

九州、佐賀県の雨は
大きな被害が出てしまいました
さらに被害が広がらないようにと祈るばかりです

8月25日(日)の続きです
朝9時過ぎのスタート

まずは非常に多忙な中
京都足立病院生殖内分泌センターのセンター長でもあり
足立病院副院長である、中山貴弘先生の話です

DSC_2576


「着床に関する興味深い症例から学ぶこと」

という、まさに今一番知りたい「着床障害」に関連する内容です

症例1は 4㎝の筋層内筋腫をお持ちの方(内膜変形がない)

タイミング療法で子宮頸管に妊娠し、次の妊娠でも
子宮体下部に着床、前置胎盤になった
症例です

子宮頸管の妊娠は、1/9000の確率とのこと

実は私のお客様でも経験しています

原因として
子宮環境が悪いことが考えられ
 子宮内膜炎
 アッシャーマン
 避妊リング
 子宮筋腫

上記の状況があげられるとのこと

子宮筋腫の場所と形状によっての
着床障害との関連性を詳しく説明されました

子宮筋腫の種類として
1.漿膜化筋腫
2.筋層内筋腫
3.粘膜化筋腫

上記3種の筋腫に分かれます
3種類の筋腫のうち、着床に影響があると思われる筋腫は
筋層内筋腫と、粘膜化筋腫
一般的には
筋層内筋腫に関しては、
内膜変化を伴なわないものは、
着床障害につながらないとされているようですが、今回の症例から
場合によっては、内膜変形を伴わない筋層内筋腫でも
着床障害につながる可能性があるとのことでした。

以上から、手術適応ではない子宮筋腫でも
手術が不妊症に関して有効かもしれないとのこと

子宮筋腫の手術は非常に難しく
腫瘍が専門のドクターに手術してもらうと
かえって不妊につながる可能性もあるとのこと
信頼できるドクターの選択が必要のようです

不妊患者の小さな筋腫でも注意を払う必要がある

そのようにお話があり
私自身の認識も変える必要があると思いました


症例2は
胚移植カテーテルが挿入困難だった時の子宮頸管妊娠
です

子宮頸管妊娠は非常に珍しいが、子宮における着床不全が原因となって
起こりうる可能性があるようです


子宮での着床不全もあり
胚を移植しても、子宮腔より胚が落ちてしまい
妊娠に至らない例が多い
そして胚移植が困難な症例では、妊娠率が低下するということです

そこで興味深いお話として

胚移植後、10分でも安静にしているほうが
安静にしていない人に比べて妊娠率が悪くなるという話です

移植後、毎日安静にしている方より
通常の生活をしている方の方が
妊娠率が高まる可能性があるとのこと

以上のことなどから
漢方の理論で考えた時

安静にしていると
もしくは子宮が硬いなどで移植時のカテーテルが挿入困難であるなどでは

血流が悪くなり、着床に適した環境にならないことも
要因になるのではないかと想像できます

気血の流れを良くすることにより
着床に適した環境になるということを示唆しているのではないかと思います
当然、単純に気血の流れを良くすればいいという問題ではなく
深く考えるべきことがあります

中山先生のお話はまだまだ続きます

今日はこの辺まで・・・・

今日は遠方からIさんがご来店
家族3人でお越しです

ダイ先生の担当の方ですが
私も長く担当させていただいておりました


ご家族皆で協力し合い
子育てさえままならなかった
去年のことを思うと、すっかり元気になられました

ダイ先生はいいお仕事をしていると
私は思うのです

かなりの時間を割いて、その方のフォローをしていました

漢方薬の服用で
人生が変わることがある
妊活も同じですね

さ、私も、幸せの種をまき続けます!

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は

9月6日(金)7日(土)
10月4日(金)5日(土)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう








度重なる胚移植失敗における中医薬の応用

先週土曜日、日曜日は、東京で不妊症の勉強会でした

初日は3人の中医師の先生方による講義
4月に開催した、中医薬サミットの内容の復習です

劉伶先生は 蓮方先生による
  「度重なる胚移植失敗における中医薬の応用」

DSC_2564

反復着床失敗(RIF)の定義と、診断基準
RIFの原因、そしてその治療方法についての講義

体外受精によって得られた胚を複数回繰り返し移植しても
妊娠に至らない場合の中医薬による対応方法についての講義でした

1.卵の質を高める
2.子宮内膜の受容性を高める
3.子宮腔の治療
4.原発疾患の治療
 (内膜症、筋腫、卵管積水)

上記4項目について、それぞれ中医学的な改善方法があり
それぞれの方法についての内容です

現在行っている方法の再確認であったり
大きなヒントがあったり
非常に興味深い内容を再度復習できました


張立也先生は、尤昭玲先生による
 「卵巣予備能低下(DOR)の中医学対策」についての内容です

DSC_2554

こちらの講義も
今まさに私の大きな課題です
西洋医学的には、日本において
漢方薬は卵増予備能の低下を防ぐ考え方はありませんが
中国では、中医対応によって卵巣予備能を改善し
流産率を下げる考え方がスタンダードです
その処方を再度確認させていただきました

24日最後の講義は
王愛延先生 湯淑蘭先生による「傅青主女科」
「調経、不妊に用いる法、薬の特長解析」です

DSC_2557

傅青主女科は、夏桂成先生に教えていただいた
女性疾患のための有名な書物です

王先生がかなり詳しく紹介され
以前から知りたいと思っていた内容でもあったので
大変興味深い内容でした

度重なる胚移植失敗は
ご本人にとっては大変厳しい現実です
なんとか胚盤胞まで成長した大切な卵
もし受け入れ側の問題で妊娠できないのであれば
やはりきちんと改善しなければもったいないことです

内膜症、内膜炎に関しては炎症を抑えることは大切ですが
妊活に関しては、清熱解毒しすぎると
マイナスになります
花類の生薬を使って軽く炎症を取り
改善をしていくことが大切です

内膜症に関しては
そのうえで血流の改善を図り
痰濁を取り除く漢方薬を使いますが
ここでも、強い作用のものを使うのは好ましくなく
キノコ製剤を使いながら、穏やかに血流の改善を考えていきます



次の日は
私も少しだけ論文発表をすることになっています

その件はまた後程・・・・






習慣性流産を乗り越えて

連日暑い毎日
寝苦しさも手伝って
疲れている方が多いですね

私自身も
麦味参顆粒を中心として
いつもより漢方薬を、多めに服用中です

このような疲れ気味の頃に
一昨日もまた、ご出産のお知らせのお電話

習慣性流産で
名古屋の病院まで検査に行っていただき
大変苦労したYさんのご主人さまから

40歳を超えておられたのですが
赤ちゃんは3000グラム以上の
元気なお子様

またいつかお会いできる日が楽しみです

そして

昨日は

3か月になった赤ちゃんと一緒にご来店

「健診の後に少し寄りました」

赤ちゃんは、6000g以上で
ニコニコ元気に笑っています

そして
産後のケアと
二人目に向けての体調を整えるために
相談に来られているKさんも
赤ちゃんと一緒にご来店
3か月で7000グラム!!

相談中
ずっと見つめられ
かわいくて私もニコニコ

たくさんの
赤ちゃんのパワー

妊活中の方に届きますように

8月11日(日)~14日(水)まで
休ませていただきます
ご迷惑をおかけいたしますが
何卒よろしくお願い申し上げます

サト先生の相談日
カレンダーはこちらです!



ミカ先生の相談日は

8月23日(金)

大人気、ミカ先生のツイッターはこちら!
twitter


ダイ先生のブログはこちら
レガート日記 ヴィーナスへ行こう





人気ブログランキング


応援してくださる方は
クリックお待ちしてます
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール

サト

記事検索
タグクラウド