レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

体調が整って、自信が持てるようになったころに妊娠!

今年は残暑が厳しく
関西の、このこの湖北地方は雨が少ない夏でした・・・

北海道の台風被害を考えると
残暑が厳しいことを
文句も言えないと思いながら・・・・・

とうとう私も
年齢を考えたら更年期時代に突入・・・・
なんで汗が出るのかわからない
同じ年代のスタッフと、慰め合っています・・・

先日は相談中に汗をかいている私に
お客様が、ご自分のために扇いでいたうちわを
おもむろに私に・・・・・

お客様に支えられている私です



そんなお客様に支えられている私は
やはりお手紙をいただくことがなにより勇気百倍!!!

本日もお店に出勤したら
机の上にお手紙が!


BlogPaint



内容については、また近いうちに
漢方体験の方に投稿させていただこうと思っています

最初は、ご夫婦で
ご主人様はひたむきに頑張るタイプ

私の息子ほどの年齢で
一つ一つ私のお話を聞いて
頑張られていたのが印象的でした

お二人での二人三脚

それぞれに体調の悪いところがあり
少しずつ改善していき

 表情が明るくなられていったのが印象的でした
自信が出てきたのがよくわかりました

暑くて、疲れ気味でしたが・・・

よし、がんばろ! 

「特定不妊治療」をサポートする国内初の保険!

とうとう、不妊治療をサポートする保険が発売されました
約6組に1組の夫婦が不妊治療に 国内初の保険発売へ 

いつも相談させていただくうえで大きな障害になるのが
金銭的な負担です

まだまだお若いカップルにとって
経済的負担が大きくなると
私自身の悩みの種となります

4月に、金融庁が解禁してから
本当にこの保険が出来るのか、様子を見ていたのですが
とうとう日本生命が思い切った行動に出ました
子宝を望むカップルにとって、これがいい保険である事
心から願ってやみません


日曜日は
宝島社の「漢方・中医学が分かる本」の出版記念イベント



「今から始める女性のための漢方レッスン」があり、
私もお手伝いしてまいりました

エリカアンギャルさんのトーク
陳志清先生の漢方のお話

お二人とも大人気の講師です

応募は1000名近くあり
抽選に当選され
当日300名を超える人数の方が来場されたようです

簡単な相談体験コーナーで
私もお手伝いで相談員としてブースに入ったのですが

たくさんの方が相談コーナーに並ばれ
大盛況

臨時で相談ブースを増やす状況でした

心残りなのは
お一人お一人
ゆっくりお話を伺いたい方ばかりだったのですが
時間の関係で、十分にお話し伺えなかったこと
ほとんどが、大阪、兵庫などの方々

お近くで相性のあった会員店が見つかりますように・・・・

久しぶりに大きなイベントのお手伝いをして
とても楽しく過ごさせていただきました

 

流産予防の漢方薬

今月は、遠方からの新規のご相談多く
7月に続いて、初めて来店される方がとても多く
余りに毎日が飛ぶように過ぎていき
なんて早い1か月だったかと思います

そして・・・
何かあるのでしょうか
初めてのご相談に比例して
妊娠報告も、急に増えたので
にぎやかな1か月

夏の暑いときは
体調も悪いことが多いため
妊娠報告が減る時だと思っていたのですが
逆のように感じました

その中に悲しいご報告もあり
せっかく妊娠されて大喜びした後
私自身も、重い気持ちになることもありました

「流産ゼロ」

これが私の課題なのです

「染色体異常だから仕方なかった」


よくそのようにお医者様から説明を受けることがあります


本当にそうなのか・・・・

そんな風に疑問に思うこともしばしば

「言い訳?」

疑いたくなることも多いのです

流産予防の漢方薬の考え方があります

やはり、安定期まで
手を抜かずフォローし続けることは
大切だと実感することも

病院治療で妊娠された方は
ホルモンのバランスが乱れがちです

おなかの赤ちゃんが独り立ちできるまで
自然の妊娠より手厚くしてあげるべきだと思います

ただ、ホルモン治療の継続は
赤ちゃんの異常につながりかねません

ホルモンのバランスが安定するころが
12週を超えるころ

この週数が目安だと思っています

「安胎の漢方薬」
として、古来2000年ほど前から
流産予防の漢方薬の考え方があり
おおまかには

1.出血を防ぐ
2.下腹痛を和らげる
3.お腹の張りを緩和する
4.悪阻を軽減する

上記に分けてフォローします

何より、妊娠中に漢方薬を服用すると
体調が良くなるきっかけになり

「元気な赤ちゃん
お肌のきれいな赤ちゃん
賢い赤ちゃん」

上記の利点があると
10年前、広州中医薬大学付属病院の研修で
実例を挙げて教えていただきました

実際そうなのではないかと思われる感想を
お客様から時々いただきます

そうだとしたら、こんないいことはないですね

いずれにしろ、元気をいただいたこの1か月

経験をもとに
「流産ゼロ」を目指したいと思いました
 

遠方からのお客様・・・・笑顔いっぱい!

朝晩が不思議なほど涼しくなってきたのですが
日中は 暑いですね

このような厳しい気候であるにもかかわらず
本日も遠く豊橋から
お子様とご夫妻3人でご来店いただきました

ご出産後初めての再会です

年賀状は毎年いただいていたのですが
やはり実際のお子様のかわいい事

少しはにかんだような笑顔が本当にかわいくて
ジーンと胸が熱くなりました

5年ぶりなのですが
御会いしてみると

少し前のような錯覚にもなります


「一度はここに来ようと思っていて・・・」


旅行の途中というわけでもなく
本当に唯々お子様と会いに来てくださるために
3人でお越しになられたとのことで

申し訳ないやら
有り難いやら

お休み前なので
忙しく
ゆっくりしていただくこともあまりできず
残念でした

明後日からしばらくお休みですが
何より暖かい気持ちで
過ごさせていただけます

私はもっとたくさんの笑顔に
出会いたいと
改めて強く感じました

 

少しでも心が癒されたら・・・

先月から、今月にかけて
新規の子宝相談の方がいつもに増して多く、
 その中で、なかなか珍しいことに20代の方が半数ちかく・・・

私の娘とほとんど変わらないか
もしくは 年下のかたばかり

ついつい

「そこまで悩まないで」

そんな言葉をかけたくなってしまいそうですが
みんな思い詰めて
深刻なご様子

子宝の悩みの深さは
年齢とは関係ないとしみじみ思います

でも、本当だったらまだまだ青春
新婚生活を楽しんでもいいころ・・・

つらいですね

それぞれに
皆さん、一生懸命思い悩み
今に至られているのだなあと
ついつい涙してしまいそうになっていました

7月から8月にかけて
妊娠のご報告も続出・・・・・
どうか、せっかく芽生えた命が
強く、しっかりと育ちますように・・・

流産に打ちひしがれる気持ち
妊娠に喜ぶ気持ち

子宝に恵まれない気持ち
出産に喜ぶ気持ち

7月も様々な気持ちに寄り添わせていただきました

どのお気持ちも大切にしながら
私にできる力で
サポートしていきたいと思うのです

もうすぐお盆休みですね

親戚と合いたくないと思う方も
ご実家に戻りたくない方も
友人に会いたくない方も

時には、会わずにそっとゆっくり過ごされてもいいと思います


お墓参りをしたらあとはゆっくり・・・・
出来るといいのですが

少しでも癒されるお休みでありますように・・・

私の小さな楽しみは

何もしばられず

美味しい紅茶と
ちょっとのお菓子で
ゆっくりお茶の時間を過ごすこと

これだけで
とても幸せな気持ちになることも

「がんばろ」

そう思えます

そんな癒される瞬間を
どうか大事にしていただけたらと思います

私たちのお店は
8月14日から17日までお休みです

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします

 

夫婦で漢方薬を服用して妊娠!

今日は、スタッフ勉強会!今年から始めた勉強会4回目です

いつもいつも、写真を撮り忘れ
スタッフが「まじめに」勉強をしている姿をなかなかご披露できません

夏は五臓で言うと「心」の季節
身体に現れる症状と、対処方法など
今日はお話ししていました

暑いとはいえ、まだ夜が涼しく
熱帯夜は免れています・・・・

この7月は妊娠のご報告が
立て続けにあったり
お子様連れでご夫婦で遠方より来られたり

「よしがんばろう!」と思えることが多かった月でした

今月妊娠のご報告をいただいた方は
カップルで漢方薬を服用されています

ご主人の数値はそれほど悪くないのですが
お疲れ気味で
過労傾向のため
服用していただいていました。

今迄からも、妊娠されている方の多くは
カップルで漢方薬を服用されています。

考えてみたら当然ですよね
不妊の原因の半分近くは男性にあると言われているのですから。

特にタイミングがなかなか合わないのであれば
男性の精子が強いほど
精子の生命力が強くなり
排卵日から少し離れたタイミングでも
妊娠率が維持できますから
妊娠可能の日が多くなるということに繋がります

ご夫婦での漢方薬の服用

少しずつ理解されるようになってきましたが
肝に銘じて
お伝えしていこうと思います

お店に飾ってある版画の作者さんが
東京の銀座で、個店をされるようです
案内状が届きました

滋賀県出身
長浜在住の作家さん
素晴らしいですね!

とても素敵で優しい版画でお気に入りです
今度は娘に行ってもらおうと思っています

image











 

遠い県外から、お子様と一緒にご来店!

昨日も忙しい土曜日

土曜日は遠方からのお客様も多く
そして・・・・

時々うれしい来訪者があります


昨日の来訪者は
姫路から自動車でわざわざ来られました

「渋滞に巻き込まれて・・・・・
「一度は来ようと思っていたので」


1歳半になるお子様と一緒にご来店

様々な思い出が一度に・・・

「長い不妊治療にピリオドを打とうと思っています」
最後のチャンスと妊娠を目指されたその時に
授かられたMさんご夫妻とお子様

私にとっても
とても記憶に残るお二人です

お客様のご相談中で
もっともっとお話ししたかったのですが

遠慮されて早々に引き上げていかれました

わざわざ会いに来てくださったこと
何よりうれしく
お子様もとてもかわいく

ずーっとお話ししたかったな

恒例の写真の撮影会で

わたしの秘密のアルバムが
また増えました

幸せのおすそ分けありがとうござます

「あなたに出会えてよかった」
そう思っていただけるように
来週もがんばろ。



ダイ先生の糸錬功と風邪

ダイ先生は
糸錬功という方法で
漢方薬を選定しています

私の中医学と周期調節法とは
また違う方法で
婦人科以外をすべて担当してもらっていますが・・・・
この前の風邪の時には
脱帽でした

中国研修の後
体調を崩しかけ

黄色い鼻水
咳、痰が
急に出てきて

これは中医学では

「熱」と「湿」があると判断し
清熱解毒中心に処方するのですが

ぼやーと良くなるのですが
明日までに何とかしたいと思っても
今一つ咳が収まりません

これでは明日の仕事に差し支える

そう思って
ダイ先生に糸錬功で判断してもらいました

出てきた処方は

「麻黄附子細辛湯」

中医学的に
この処方を出すのは非常に難しい
確かにいろいろ考えると
行き当りますが
最初には思い浮かばない処方です

半信半疑で服用したところ

まず1服で、スーッと思い頭重感が抜けてきて
少しなんとなく咳がましになったよう

2服目で驚くほど咳か静かになり
前日の夜はせき込んで夜中何度も目が覚めるほどだったのが
その日の夜はほとんど咳が出ず

次の日はマスクはしていましたが
鼻水も痰もほとんどなくなり
咳も軽く時々出る程度

今回のこの処方選定には驚きました

傷寒論に出てくる
「麻黄附子細辛湯」の症状と全くあっているわけでもないのですが
いろいろ深く考えてみると確かに納得できるところがあります

勉強になったなー
うーん負けてはいられません!!

イメージ(瞑想)の力を利用しましょう

今日はサウナのような1日
「このままでは、体にカビが生える・・・


本当にそう思いたくなる日でしたね


ところで・・・・
私が以前より大切にしていることがあります

「イメージトレーニング」
です

ダイ先生と二人
今までの人生で
結構大変なこともあり

それなりに波乱万丈と言ってもいい道を歩いてきましたが
その中で非常に大きな助けになったのは

「いいイメージを持つようにする」訓練でした

もう20年以上も前
イメージトレーニングの本を片っ端から読み漁り
それをもとに「本陣式呼吸法」を考え

こだわっていた時期もありました

「呼吸法」に関しては
今はそれほどこだわりがありません

ただ
腹式呼吸で
意識的に深い呼吸を数回した後

「静かな呼吸で整えながら
イメージをする」

ここは、大切なポイントです

イメージは訓練により
より具体的に、より自分の思い通りのイメージが出来るようになります

このイメージの時間を作ることにより
ホルモンのバランスが整いやすくなります

卵がなかなか成長しないときは
卵の成長をイメージするのですが
私のお勧めは、
「雲の上から赤ちゃんが暖かい力で
卵を大きくしてくれている」

そんな暖かい愛の力のイメージが出来ると
一人ぼっちで苦しんでいる気持ちが和らぎます

イメージには必ず音楽を使いましょう
全く効果が違います

最初からうまくイメージできないのですが
毎日少しの時間でも
寝る前にトレーニングすることによって
ストレスが和らぎ、変化があらわれます

ぜひ実践してみて下さいね

「雲の上では赤ちゃんが、やさしくかわいい笑顔で手を差し伸べています
あなたはその手を握ろうとして、そして握ることが出来ました
そして、赤ちゃんをぎゅーっと抱きしめています
赤ちゃんの手からは暖かい光が
あなたのお腹に向かって包み込むように注がれています
その光のエネルギーはあなたの子宮、卵巣に向かって注がれいます
卵巣の中では卵が少しずつ大きくなり始めました
卵は光り輝いています
きらきら光って、暖かい卵から、やがて、命の種が生まれました

その命の種は
精子と出会い
さらに光り輝く大きな光の玉に成長し始めます

その光の玉は、大きく温かい命の玉です
やがて、あなたの子宮の中に溶け込み
さらに大きな命の光の玉に

お腹はどんどん暖かくなります

どんどん暖かくなって
とても心も温かくなります

いとおしい命の光の玉です

あとのイメージは様々だと思いますが
この気持ちのいい状況を
しばらく楽しみましょう

ぜひ実践してみてくださいね

 

ボテシャコでのご案内 お手紙版

中国に出発する直前、
ボテジャコさんから、突然

「今月は少し違う企画があるので、
そこに掲載しませんか?」

そんなご案内、

急なのと、中国に行く直前だったので
少しハードでしたが
先日ご来店いただいた方からのお手紙を掲載させていただきました!

出来上がりが楽しみでしたが、
暖かく可愛く編集して下さいました

ボテシャコの30ページです(´▽`)ノ
御覧下さいね!






image

お子様とのご来店

土曜日に、
無事妊娠、出産された方が、お子様とご来店

「12歳になるんです」

私にとっては、本当につい数年前

そんな思いなのに
その倍の年月が経過しているとは・・・・・・


そして
その日に
「来週の水曜日に、 子供と一緒に伺いたいので・・・・」

こんなメールをいただき、
昨日来店していただきました
重なるものです

とても肌が白くて
綺麗な赤ちゃんです

スタッフと抱っこしあいながら
撮影会

かわいかったー

私の孫??がたくさん生まれてきています
(さすがに、だんだん子供とは言いづらくなってきました

「漢方薬をずっとのんでいたから、
元気です

うれしい一言!


実は漢方通信で登場していただいた方です

事前に
「症例として掲載させていただいてもいいですか」

そのようにお伝えしたところ

「今まで漢方通信の症例を見て励まされてきたので
漢方通信に掲載してもらえるなんて光栄なことなので、ぜひお願いします!」

と・・・・

私のお仕事は
このように言ってくださる方が
口コミで
「ここで妊娠できたよ」

と、ほかの方に伝えていただけるから

継続できるのだと思います

このような田舎に
県外から来店して下さるのも
本当にそのおかげと思っています

ありがたいなーと思います


中国研修の後
風邪をひいてしまい
回復はしてきましたが
少し疲れが残ってた私にとって
何よりの回復剤でした

中国不妊症研修 湖北省中医院

中国不妊症研修から無事帰宅
今回も実り多い研修でした

湖北省の中心は三國志の舞台として有名な
武漢です

そこにある湖北省中医院で研修

そして、
婦宝当帰膠の工場見学
亀鹿仙の主薬「亀」の養殖池の視察

上記3点の大きな目標がありました
ただ、にほんで
1日目前半は病棟での研修
先生とともに病室を回り
患者様の状況を説明していただき
脈診、舌診
処方、経過の説明を受けます

切迫流産で入院されている方の研修です

「この方の脈は、滑、沈弱」ですね

実際に脈を取ってみたら
思ったよりも強く触れます

緊張しておられるのでしょうか・・・・・

2人の方の舌診、脈診などを確認し
その件についてさらに詳しく経過説明

P1000233


質疑応答ののち
外来研修に回ります


湖北省中医院の外来研修風景


BlogPaint


妊娠力を高めるための
補腎=腎を補う
健脾=脾胃を補う

この二点の方法について
かなり重要視されているのが分かり
日頃服用していただうことの多い
「衛益顆粒」
「双料参茸丸」等の漢方薬との共通点が・・・・・

腎を補う方法は様々ですが

日本で服用していただいている生薬の組み合わせで
応用できそうな処方です

やはりここでも多嚢胞性卵巣症候群が多いことを実感

日本と同じです

食生活が
影響しているのか
環境なのか・・・・・

いろいろ考えさせられます・・・・・
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド