レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

子宮内膜が硬いと着床障害に・・・?

昨夜から雨が降り始めました
田畑を営んでいる方にとっては
恵みの雨

「やっと雨が降る」

そんなお話をされているお客様もおられました

そして・・・・・

ダイ先生の様子は
大変順調そうです

「今まで経験したことがないほどの腰痛」

と、この世の終わりのような顔をしていましたが

「漢方薬よーきいたわ 」

と涼しい顔をしています

まあ、とりあえず一安心
少し心配しましたがよかったよかった・・・・

今日は「着床障害」についてお話ししたいと思います

3年ほど前
神戸元町夢クリニックの松本先生の着床障害の講義を受けました
そのとき、t着床には複雑なっ免疫が絡んでいることが具体的に分かり
時々高温期でまだ生理ではないのに
下腹痛が時々ある場合があります

「着床痛」と考えることが出来たらいいのですが
毎回妊娠もせず、いつも排卵期の後高温期に下腹痛がある場合は
「子宮内膜が硬い」ということを考えなければいけません

「子宮内膜が硬い」と
実際着床出来ないか
うまく着床できたとしても、その後成長出来ない原因になります

着床の際には
様々な免疫細胞や
酵素などがはたらき
子宮内膜を柔らかくし、受精卵と
子宮内膜が反応しあって、融合していく過程があります

この際痛みを感じるということは
この融合がスムーズではなく
免疫細胞や酵素などがうまく働いていないか

血管がつながっていくのですが、その血管がつながりにくい状況にあるようです

例えば、扉がすっと楽に開く場合と
思いっきりギシギシ音を立てて開く場合との違いのようなものだと思います

扉は開くことは開きますが
場合によっては壊れて外れてしまったり・・・・

抵抗なくすんなり開く方がいいのです

経験上
下腹痛がある場合、
1.冷えている
2.血液の流れが悪い
3.ストレスが大きい(緊張することが多い)
4.胃腸が弱く老廃物を排泄する力が弱い
5.気血が不足している
上記の理由が考えられ、その方の状態に合わせて漢方薬を考えます

目安として排卵痛や、下腹痛が無くなる状況を目指します

桂枝茯苓丸、芎帰調血飲第一加減、水快宝、爽月宝などとともに
健胃化痰のもの、婦宝当帰膠など服用していただき

時には免役バランスのことも考慮して
衛益顆粒、シベリア霊芝など服用していただくこともあります

場合によっては紅沙棘
スクワレンなども、いい場合がありますから
状況に併せて、その方に合った方法で服用していただくのです

「着床障害」に関しては

今まで様々な中国研修で
時々話題になり
学んでまいりました

それぞれの先生方に特徴がありますが
「本筋」においては共通点があります

そして、時々驚くような効果を感じることがあります
漢方薬の力を信じ
さらに探求していきたいと思います

 

ダイ先生腰を痛める!

この冬から
実はあまり嬉しくない訪問者が
夜になるとごとごと(・_・、)

ダイ先生が、何とかしようと
天井裏を覗いたとたん

「わ!」((((;゜Д゜))))

梯子から落ちかけ
天井にしがみつき・・・・・・・

その時は気が付かなかったようですが
腰を痛めてしまった様子

先週の木曜日から
苦しんでおります


それで、自分の漢方薬
それはもう、専門分野ですから
飲み始めているみたいです

「漢方薬よー効いたわー(^ー^)」

自画自賛^_^;

でも、まだまだ怪しい動きです

「お客さんの気持ちがよくわかるわー」

毎日毎日ブツブツ言ってます
男性のほうが痛みに弱いのか
本当に痛いのか

でも、本当に痛そうだから
ちょっと可愛そうかな

漢方薬
自分で頑張って煎じておられます(^ー^)

image


すくすく育った子宝草

今日は「小満(しょうまん)」

立夏を過ぎてから反って肌寒烏い毎日が続きましたが

万物がさらに成長をし一定の大きさに達するころとされる通り
すっかり夏らしくなり、様々な草木が一斉に成長し始めました

つい先ごろまで、枯れ枝のようだった紫式部も
やっと葉が出てきて一安心

気候が良くなり
ひょっこりご報告がてら
お子様と来店してくださる方もちらほら・・・・

先日も
「無事産まれました
と、ちょこっとお寄りくださいました
私が元気になる瞬間です

そして、4月下旬、
日光浴のために外に出してあげた子宝草

実は早く出しすぎたのか
出したとたん茶色くなり心配しましたが

とても元気になってきました


      image




スタッフが、葉の目をたくさん小分けしてくれて

子宝希望の客様に
プレゼントさせていただくものが続々用意

      image

今年も子宝草の子供たちは元気に成長し始めています

この子宝草とともに
たくさんの命芽生えますように




 

つらい経験を乗り越え、やっと安心できる毎日に

立夏を過ぎ
暦では初夏

にもかかわらず、少し肌寒い毎日ですね
こういう時、風邪をひきやすく
要注意です
連休疲れが出るころですから

5月はこの滋賀県では
田植えや畑で忙しい毎日・・・

木之本に暮らしていると
自然とともに生活されている方は
元気で長生きだと実感します
旬のお野菜などをいただく毎日だからでしょうね

私も本当は自家菜園をしたいと思っています
10年ほど前には、トマトを作ったり
きゅうり、サツマイモを植えたりしていたことも

5月になり
出産や、妊娠のご報告に来店される方がちらほら

Aさんも、悪阻が落ち着き
遠方からわざわざご来店くださいました

AMHが低く
流産も経験され
大変不安な時を過ごしたことも

AMHが低いと
年齢が若くても残されている時間が少なく
毎日不安との闘いだと思います

前向きに考えることができたかと思うと
どうしようもない不安感に苦しめられたり
簡単に心を制御できるものではないでしょう

そんな苦しみのなか
漢方薬を精いっぱい服用されました

抗酸化作用のある血液の流れを良くする漢方薬を中心に
瓊玉膏、亀鹿仙、気持ちを楽にする漢方薬・・・・

漢方薬は様々な生薬から組み合わされており
それぞれの生薬のビタミン、ミネラルはもとより
抗酸化作用のあるポリフェノール、ファイトケミカルなどが
豊富に含まれています

そういったことも漢方薬で元気になる一因だと思います

何度も流産を経験し
つらいお別れをしたAさん
今度こそ、安心できる毎日を過ごされ
当たり前の家族の幸せを手に入れていただけたらと
心から祈らせていただくばかりです

Aさん遠方よりありがとうございます
またお会いしましょうね!

 

端午の節句と命の芽生えの源

今日からゴールデンウィーク後半
久しぶりにゆっくりした休日を過ごさせていただいております

この貴重なひと時
じっくり漢方薬の古典などを勉強しようと・・・

漢方薬の原典は
「黄帝内経(こうていだいけい)」
縁あって、私塾でもう数年以上学び続けております

深いところまで学ぶなかで
日々の相談の場面や、自らの生活においても
ふと昔と今のつながりに感動したり
小さい発見に、一人で楽しんだり

明日5月5日は「端午の節句」でもあり、今年は立夏がこの日となります

立夏を境に、季節は夏
生命力が旺盛にり、成長、発育の季節です

そして「子供の日」として有名な端午の節句ですが
様々な風習から今の形に落ち着いてきたようです
日本での始まりは
邪気払いのための「薬猟}の日とされていたことされているようです

目的は、私が本当によく使わせていただく生薬の一つ
「鹿茸(ろくじょう)」
鹿茸の入っている漢方薬に

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
亀鹿仙(きろくせん)など・・・・

妊活出大変よく登場する漢方薬です

以前滋賀夕刊にも掲載させていただいたので
参考になさってください

http://www.kampo-honjin.com/kanpo-hanashi/syukan148.htmlimage



鹿茸の入った処方は
命の誕生や
成長、発育に欠かせないもの

この「鹿茸」の薬猟と
「子供の日」
もしかしたら命を育み、子供の成長を願って、
子孫繁栄を祈願したのかもしれないと
思いました






体調が良くなって精子が10倍の数に増加

漢方薬を服用していただき
こちらがその効果に驚くことがあります

「顕微授精じゃないと妊娠出来ない 」

そのように言われた方が
自然妊娠されることがありますが
 本当にどうなってそのような結果に至ったのか
具体的な数値の変化が分からないときが多く残念です
(病院治療休憩機関に起こることなので)

本日は具体的な数値が激変!これだけの変化はないほどです

1年近く前に来店されたカップル
ご主人様の精子が少なく
人工授精をしていたのですが、子宝に恵まれず
体外受精の前の体調改善でご来店されました

このようなご相談カップルは非常に多く
最近本当にカップルで相談に来られます

そして久しぶりの病院検査の結果

ご主人の精子は
正常範囲を大きく上回る数
元気な男性の精子数に負けない数です

去年と比べたら10倍に増加!!

余りの変化に桁が間違っていないか
何度も確認させていただきました


服用していただいたのは

胃腸の調子を整える漢方薬に
ストレスを改善する桂枝加竜骨牡蠣湯
海精宝
ヴァイタルゲン

1年のうち体調を少しずつ整える漢方薬を変えていきました

この結果が子宝に繋がりますように・・・・・

木之本に
ブックカフェがオープンするようです

古民家を
趣のある雰囲気に改装中
寄付金も集めておられるようです
フェイスブックのホームページのぞいてみてくださいね

https://www.facebook.com/bookcafesukuramu/?fref=photo








 

伊香具神社の八重桜と想胡亭源内

日ごろ勉強会などで外出するのですが

時々地元でこんな隠家のような素敵な場所があったのだと
とてもうれしく思うことがあります

この日曜日木之本本町の女子会を
企画させていただきました

お食事の場所は想胡源内さんです


集合場所にリムジンでお迎えです

       image

賤ヶ岳のふもとで
宿泊もかねておいしい懐石料理をいただけます
近くなのですが、少し街道よりそれるとひっそりとした静かなたたずまい

入口に立った時、素敵な雰囲気


     image
実は、そのあと皆さんでおしゃべりしすぎて
お料理の写真は全くとれず・・・・・・

近くの伊香具神社の参道で、夜桜のライトアップをされているとのことで
お食事のあと皆さんでぶらっと

八重桜のライトアップ


     image

    
image

お昼にもぜひ見てみたいと、先日少しだけの時間の合間に行ってみました
    
      
     
       image


八重桜は独特の美しさがあります

     image

八重桜の参道を歩くダイ先生


      image

伊香具神社の境内の裏も

     image


シャガの花です

     image

 本日は子宮内膜が薄い方がご来店

漢方薬を服用すると内膜が厚くなられるようで
何より、その効果を実感していただいているようです

 「○○を服用すると違う」

うれしいなと思う瞬間です

この調子ならいい効果が表れるのではないかと思います
 

甲状腺機能低下症と不妊

15日、映画「ずつと、いっしょ。」を、見てきました
家族の様々な愛の形
必ず訪れる、愛する人との永遠の別れ
そこから伝わるメッセージが、心に響きました。
今、九州地方は震災で大変な状況と聞きます

熊本には、私の友人である薬局の先生がおられ、
ちょうど、去年の秋熊本での勉強会ついでに、熊本城など見学したばかり
先生が、熊本の素晴らしさを熱くお話しされ生まれ育った故郷を心から誇りに思い、大切にされているご様子に
深く感銘したのを覚えており、
あまりに今回のことが痛々しく、辛く思います

彼女から連絡がやっとつき
少しほっとしました
ただ大変なことには変わりなく、車生活と伺い
重い気持でした

そんな事情で、あまり眠れない夜を過ごし
疲れ気味ではありましたが
昨日から不妊症のエキスパートグループの勉強会に参加してきました

一日目のテーマは
「甲状腺機能低下症と不妊」
河野康文先生による講義です。



甲状腺機能低下症にはいくつかの病因が絡んでおり、一番多い疾患は
「橋本病」です。当店でも、非常に多い疾患で、チラージンsを服用されている方も
妊娠してから服用されている方も
最近特に増えてきたように思います

甲状腺機能は、視床下部、脳下垂体から分泌されるホルモンTSHによって調節されています

TSHの刺激により、甲状腺からT3、T4が、放出され、体中に血液によって運ばれ、
基礎代謝を亢進し、体温をあげ、蛋白質、糖質、脂質の代謝を促進、
成長ホルモンの働きをたすける
など、体、全ての働きに関連しているのですが、
橋本病とは、甲状腺が、自己免疫によって炎症を起こし
徐々に機能しなくなる病気で、
婦人科に対する影響は
卵巣機能の低下、  
高プロラクチン血症などを引き起こし

1.月経不順
2.受精障害
3.着床障害
4.胎児の発育障害
(流産)
などにつながる可能性があります

これらに対して、病院では、チラージンsを
処方されます。

中医学では、
もとの病因である自己免疫による炎症を防ぎ、
甲状腺機能を少しでも正常に戻す考え方によって、対応します。

今回、私を含め4人の先生の症例について検討

衛益顆粒、シベリア霊芝など
共通点の認識と、
各種補腎剤による各自の特色を活かした方法などについて検討

これからの店頭で、応用していきたいと思います。

6月は亀鹿仙、婦宝当帰膠の郷
武漢の中国研修

パスボートの有効期限後切れそうなので、
スクーリング終了後、大津へ!
琵琶湖の風景で癒やされ帰路につきました






映画「ずっと、いっしょ。」が長浜で上映されます

今週月曜、近くなのになかなか行けなかった黒田川の桜を見に行ってきました
葉桜になりつつありましたが
菜の花と桜のコントラストが何とも言えない日本らしい美しい風景・・・・

田舎の良さはこんな風景が身近にあるところです


      image

菜の花と桜に囲まれて・・・・・

      image



小鳥のさえずりに癒されていました


映画「ずっと、いっしょ。」
明日見に行く予定です

smileあーちゃんプロジェクトからのご案内で
ある程度チケットを購入させていただき
ご希望の方に差し上げておりましたが
ブログで案内する間もなく・・・・・


パンフレットの一部をご紹介します

     image
     image
      image
 
場所:長浜市民交流センター
日時:15日(金)~17日(日)

命とは。

家族とは。
愛とは。

すべてのヒントがつまっている映画です

❶15日(金)18:30〜
❷16日(土)10:00〜 
❸16日(土)14:30〜 

❹17日(日)10:00〜
❺17日(日)14:00〜

★16日(土)13:00〜
 「こんとも」さんこと、林智子さんのお話し会があります

今回は

『ずっと、いっしょ。』〜天使ママの想い〜
と題して1時間お話しさせていただきます。
(本と虹ストも販売もあります)

とのこと

6歳のあーちゃんと、おなかに宿された小さな命
2人のお子様をなくされ
その中で得た想い「愛、命の大切さ」を
心を込めてお話しされます 

生き抜く力のエッセンスがいっぱい詰まったお話です 

春、様々な願いを込めて

一昨日は東京方面へお出かけ
また今後のことに向けての打ち合わせのためにお出かけです

少しだけ時間が取れたので
小雨が降る中、高輪プリンスホテルの日本庭園にさっとお出かけ

本当に日本庭園の作りこまれた美しさにうっとり

image

開花基準になる桜がここにありました



       image

どれだけの年月でこの大きさになったのか

日本にはなんていい風習があるのだろうと
ゆっくり庭を眺めながら

  image

ソメイヨシノだけではなく
様々な種類の桜たち

小さいとがった花びらの桜

    image


私の写真の撮り方が悪くて…残念!

     image


桜は
新しい年度が始まる、応援のエネルギーを精一杯表現して
そして次に託して散っていきます

今日はうれしい事柄が二つ

40歳半ばになろうとされていた方が妊娠、ご出産され
赤ちゃんとともにご来店

そして・・・

月経痛のご相談の受験生だった女の子が
希望校に合格

合格されたとき私のところにお電話をくれたと伺い
私は残念ながらいなかったようなのですが
その話をうかがい、感激したのと
あー本当によかったなーって
じーんと・・・

涙ぐんでしまって
お母様と一緒に・・・・

年齢とともに
涙もろくなります
なんと私は単純・・・・・

昨夜東京から帰宅するとき
米原インターチェンジに入る前に
21号線から見えるライトアップされた夜桜に遭遇

わき道にそれ見学に・・・・・

      image


こんな場所があったなんて!


    image
   
どの木も立派な大木で
しばらく、見入っておりました 

赤ちゃんと一緒に訪れていただいた方
今年から高校生の女の子

私にたくさんの力を
与えていただいているのだなと感じます

そして、このような感動があるから
さらに一人でも多くの方の悩みを解決できたらとおもうのです

さらにたくさんの方の願いが叶いますように・・・・
 

体外受精を重ね、卵ができなくなって・・・・お客様からのお手紙

4月から不妊治療保険が解禁になります
これを受けて、女性の保険に不妊治療特約のついた保険商品が発売されるのでしょうか・・・・・

体外受精、顕微授精1回につき30万円から50万円
どんなに国から助成金をうけても
10万円以上は自分で支払わなければならず、
回数を重ねるとあっという間に金額が高くなります

やっと認められたという感じですね

不妊治療保険、4月解禁=金融庁発表


2月の発表内容についてはこちらです

不妊治療保険、今春解禁=高額費用を補完-金融庁

私の思いは
漢方薬の服用も対象にしてほしいということです
身近な方が

「体外受精を繰り返し、貯金を使い果たしました・・・・」

まだまだ年齢も若いのに
病院のすすめられるまま
たくさん卵があるからと
繰り返し体外受精を・・・・・・
気が付いたら貯金を使い果たしてしまった
治療を続けられ無くなりましたと

そして、その後私は出会いました
もっと前にお出会いできていたら。。。。。。
そんな時、私はとても胸が痛みます

Mさんも何回か体外受精をされ
卵ができなくなりました
そのため治療が続けられなくなり、私のところへ来られました

そのMさんからのお手紙です

こうして体験談が書ける日が来るなんて、夢のようです!

私が先生のところに伺ったときは、3度目の体外受精に失敗した後でした。

「このまま、次の体外受精に挑戦しても、同じ繰り返しでうまくいかない気がする💦
まずは、体質改善をしたい!」そう思って、サト先生のもとを訪れました。
 

「後悔だけはしたくない!やるだけのことをやって、それでもダメなら諦めよう。」
そう思っていました。

 
服用を始めた漢方は経済的に厳しく、どこまで続けられるか、不安もありました。
でも飲み始めると、体が変化していき、極度の生理不順が改善されていくのがとてもよくわかりました。
生理が自立で来なかった私が、服用開始半年ほどしてから、排卵を伴う生理が来るまでになりました。
サト先生からも「この調子だと、半年以内にうまくいくのでは!?」という嬉しいお言葉!!

そのお言葉通り、半年以内に自然妊娠しました。

体外受精でも授からなかった私が?

と信じられない気持ちで喜びも大きかったのですが、その妊娠は子宮外妊娠。
喜んだのも数日間だけで、緊急入院、手術・・・・・私の心はボロボロでした。
 

その後も精神的に落ち込むことが多く不安定な日々を送っていました。
サト先生はそんな時も私の支えとなっていろんなお言葉をくださいました。
サト先生の支えが無かったらボロボロだったと思います。
 

 手術後数カ月たち私の身体は前のリズムを取り戻すことが出来ました。
ただ、毎月の排卵はどういうわけか、手術で切除した卵管側からの排卵ばかり。。。。。
年齢のこともあり、「赤ちゃんのことはいい加減諦めよう。」そう決めていました。

そんな時、サト先生から京都の病院を紹介されました。
でも私は自分がこれ以上傷つくのが怖くて断ることにしました。

「春まで頑張って、自然に授からなければ諦めます。」

そう返事するつもりだったのですが、返事する朝になり急に気持ちが変わり、「あとから後悔しても遅い!それよりやれるだけのことをやって悔いなく妊活を終えよう。」
 

そして最後の挑戦が始まりました!サト先生と二人三脚の最後の挑戦。
 

 なんとなんと最後の挑戦がうまくいき、私は赤ちゃんを授かることができました!
 

ここまでの道のりはとってもとっても遠かったのですが、妊娠中はトラブル一つ無く、とても順調でした!
妊娠中も漢方薬を服用していたおかげだと思っています!
そして無事に出産を終え、元気な我が子とご対面。
 

 久しぶりの育児に戸惑いながらもとても充実した日々を送っています。

 漢方が私の体質をこんなに改善させるなんて、ほんと凄いことだと思います。


漢方の素晴らしさもそうですが、私にとってはサト先生に出会えて本当に良かった!
心からそう思います!                         平成
282MH


いただいたお手紙を拝見しながら
さまざまな出来事を想い出しておりました

子宝に恵まれない不安と闘いながら
治療をするつらさは大変なものだと思います
子宝の悩みを抱える方は
毎日どれだけの心の痛みを感じていることかと
常々思うのです

「もう貯蓄もないし、年齢もそろそろ無理がと思うので
この1回の治療で終わりにします
最期の最期の治療です」

京都まであまりに遠方で
今の状況で通院は不可能だと
涙ながらにあきらめるお言葉を伺ったこともありました

「こんな方法もある」

御出会いしてから、最初で最後の挑戦。。。。

通院の提案をさせていただきながら
私も祈る思いだったのを覚えております

実際に頂いたお手紙です

image

今日は陽射しが暖かく
そろそろ本格的な春の到来を感じさせられる1日

たくさんの笑顔ともっと出会えるように
私にできる力で応援させていただこうと思います

春の養生で、命の芽生える力を育む

今日は東京の勉強会に参加
私のライフワークである、不妊症の勉強会では無く、
「皮膚病、アトピー」です

これはダイ先生の分野ですが、
子宝に悩む方は、アトピーの方も結構あり
中医学の知識と、経験が必要になることも多いため、非常に参考になることも多いのです

当然重症になれば、ダイ先生にバトンタッチ

きょうのテーマは血液の流れをポイントにおいているようですから
大変興味深いため、東京は遠いですが
新幹線に飛び乗りました

今朝は昨日と比べて、肌寒かったのですが、
肌に当たる風は柔らかく感じました

三寒四温が春の代名詞

でも、そろそろ三寒とはお別れしたい!

春は、冬に育んだ
命を芽生えるためのエネルギーを、
更に育てる季節です!

この季節
なるべく戸外に出て
積極に活動することが大切

運動が大切な力を育てます

でも、激しいジョギングなどは
あまりお勧めできません

緩い運動

心と体が安らぐ運動が大切です

どうしてでしょう

私は、子宝に悩む方を拝見しながら
運動しすぎも
運動しなさすぎも
子宝から遠ざかってしまうと
いつも感じています

これは、ホルモンの分泌と関係あると思います

運動しすぎて、痩せて
筋肉中心、余分な脂肪無し、
という身体は、男性的

男性ホルモンが増えてしまい
卵の成長や、排卵を押さえてしまいます
そして流産しやすい身体に繋がります

これは私の漢方理論の中心となっている
周期調節法の理論と一致するところ

活発に身体を動かしすぎると
気血の消耗が激しくなり
卵の成長に大切な陰が少なくなってしまい
好ましくないとされています

そして時々そのような方をお見かけします

でも、春は身体を伸び伸びと
動かすことで、
夏からの健康を育むと漢方では考えます

程々の運動をすること
ちょっとずぼらな私にはうってつけ



春は芽生え
夏は成長

冬よりも
少し体を動かし
戸外に出て
自然の気をたくさん補いましょう

ぐんと体が変わるきっかけにつながります

今までサボりがちだった漢方薬を
ちょっと頑張って服用し始めても良いですね

少しでも運動不足の体を
漢方薬は応援してくれます
(すべてではないので要注意!
やっぱり本物には負けます)

運動と漢方薬、当然食養生も

上手にとりいれ、命を育む力を身につけましょうね

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド