レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

2006年03月

腫瘍 インスリノーマ(インシュリノーマ)

動物についての、薬の選択はある程度人間と同じように考えることができます。
犬や猫のペットには、漢方薬を服用していただくこともありました。

フェレットは・・・・

しかし、薬は必ずマウスやラットが試されます。
人間の内臓に近いからです。

ですから、今回も冷静になって人間と同じ路線で服用させることにしました。
ただ、言い聞かせることが無理なので、
飲めるものに制約があります。

今回選んだ瑞芝
しいたけの菌糸体ですが、手元の資料に、腫瘍で大きく腫れたラットの肝臓が、
瑞芝の服用で正常の大きさに戻った学術資料がいくつかあり、色々な免疫製剤の中でも私達はとても高い信頼をおいているものだからです。


また液体なので、効率よく飲ませることができそうなのもポイントです。
副作用も全くありません。
シベリア霊芝ものまそうかと思案中です。

少しずつ上手に飲めるようになりました。
                                                                                                                                      



インスリノーマについては以下のとおりです
続きを読む

イメージをする 呼吸法について

 今年の大変さを表すかのような、驚きの雪が降りました。
自然の厳しさを、身にしみて感じた冬でした。
 
 時に自然は残酷で、容赦ない現実を私達に突きつけます。
でもこの寒さが、私の心を引き締め、しっかり生きていかなければならないと、
教えてくれるような気がします。

a94db7d6.jpg


呼吸法について
私がお勧めしている呼吸法についてご紹介いたします。

基本は腹式呼吸です。最初上手にできないときは、
おなかに手を当てて軽く押しながら息を吐き、
手を離して息を吸うようにすると、自然に腹式呼吸ができるようになります。

1.息を吐ききる。(口から)
  体の老廃物を出し切る気持ちで
2.息を吸う(鼻から4秒かけて)
  足元の大地からエネルギーを吸い上げるイメージで
3.息を止める(丹田に力を入れて7秒間)
  体に新鮮な酸素を送り込むように
4.ゆっくり息を吐く(口から8秒かけて)
  心にあるいやな思いと共に、体にたまったものを吐き出すイメージで


この後静かな呼吸に戻し、
自律神経訓練法に入っていかれてもいいと思います。
ただ瞑想するのでも良いと思います。

呼吸法を忘れている方、
ぜひ思い出してやってみてください。
少し違った気持ちになると思いますよ。

                                                                                                                                      

Mさん頑張ってね。顕微授精

Mさんからのファックス。
体温表が送られてきました。いつもこのブログを見てくれているそうですので、
この場でお話します。

「今日は体温が下がったから、今回はだめだと思う」
そう一言が添えられて。

42歳を越えると、確かに成功率はとても低くなります。
でも、ぜったいだめということではありません。

Mさんはじめての挑戦。
思い切って顕微授精。
電話では、
「最初からは無理だと思うけれど」

自分に言い聞かせるような、言葉でしたね。
まだまだ分からないのだから、そんなことは言葉に出さないこと。

でも皆さん。そんな思いの繰り返しなのでしょう。
期待と不安。

そんな時無理にいいことをイメージするのも難しいですね。

しつこいようですが、やっぱり「呼吸法」なんです。
そして、自律神経訓練
ついでに、着床のイメージをすることです。どんなイメージでもいいと思います。
それで結構不安の気持ちをリセットできるんですよ。
あきらめず、ぜひ続けて下さいねキラキラ

                                                                                                                                      

チェリーの病気 インスリノーマ

うかつでした悲しい
チェリーは実は重病でした。
インスリノーマ
すい臓の病気です。02ab7cab.jpg


すい臓に腫瘍ができることによって、
インスリンが大量に分泌され、低血糖になる病気です。

フェレットの病気にもう一つ知識が無かったので、
気がつきませんでした・・

昨日の朝、よだれを出して全く元気が無かったので、
まだ一人目のお客様の予約時間まで時間もあり、
お嬢とともに病院に連れて行きました。

お嬢をおいて私は仕事へ。
再度病院に駆けつけたら
「インスリノーマだって。もうあまり長く生きられないんだって」

今まで全く元気だったのに、風邪一つひかなかったのに。
昨日あんなにはしゃぎまわっていたのに。
昨日はしゃぎすぎて低血糖起こしたのかな。

フェレットにとても多い病気とのことです。
もしかしたら、品種改良によって手を加えられてきた代償なのでしょうか。

今日からチェリーは、よく免疫疾患の方に服用していただく
瑞芝ルミン
飲ますことにしました。

ちょっと大変だけれど、頑張らなければ。今日は3人がかりで飲ませました。
早く慣れてくれればいいけれど。

餌も3時間ごとにあげなければ、低血糖を起こすそうです。


                                                                                                                                      

親になること!大きな力

「もう3ヶ月なの!」
  「すぐにも来たかったけれど、色々大変なことがあって、
   どうしても来れなかった

  「ここに並んでいる写真よりもっとかわいいので、
   もっと大きいの持ってきますよびっくり 」


532f7639.jpg
 そう言いながら、来て下さったSさん。 
  本当に大変なことがあったんです。
  
  「愛美ちゃん」
  というお名前をもらったかわいい女の子。
  
  お名前からもお二人の愛が一杯伝わってきます。   お母さんは本当に頑張って漢方薬飲んでくれたんですよ!

  妊娠中もね笑顔463131b7.jpg
 


 
たった一つだけできなかったこと。た・ば・こ
どうしてもやめられませんでした。
 でも、妊娠をきっかけにやめたんだって!
 
しかも、タバコをやめることなんか
とても考えられなかったお父さんも
愛美ちゃんのために、あることがきっかけでやめました。

お父さん、お母さん。愛美ちゃんは体をはって教えてくれたのですね。

親になるということは、こういうことですね。
子供のためなら、
どんなことも我慢できる。
不思議なくらい力が出る。


本当に安心しました。
これからも頑張ってね。

いろいろなことがうまくいくよう、お祈りしています。
   

                                                                                                                                      
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド