レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

2006年04月

チェリー  2回目の低血糖症

うっかりしました。
最近、あまりに忙しかったのと、
チェリーも元気だったので、油断していました。

少し朝様子をみるのが遅くて、
チェリーの部屋をのぞくと、
チェリーは布団から半分体を出しぐったりしています。

呼んでも、反応しません。
驚いて、抱くと、体が冷たい・・
抱っこしても動かず、ぐったり・・

『チェリー チェリー チェリー」
どうしたの!」

ちょっと取り乱してしまいました。

チェリーの親、お嬢を叱り、
お嬢が冷静に蜂蜜を持ってきて、
私は抱っこしたまま暖めて、
蜂蜜を口に含ませると、
少しずつ、ペロペロ舌が動きます。

だんだん力強く舌が動くようになりました。

心臓が止まるかと思いました。
しばらくすると、よろよろと起き上がり、
ふらふらしながらも歩き出しました。

よかった。


本当に今まで分かっていなかったけれど、
1回目のときは、
痙攣を起こしていたほどだから、
結構病状は重いのかもしれない。

瑞芝を飲ませているとはいえ、
急に腫瘍が小さくなるわけでもなく、
場合によっては手遅れかもしれないので
注意は必要なのだということを、肝に銘じなければないですね。
お嬢もさすがにしゅんとしていました。

でも・・・とても不安になりました。
チェリーは大丈夫かなあ・・・・・・



癌・・中医学で奇跡の回復

日曜日、東京に南京中医薬大学病院の院長先生である、劉沈林(りゅうしんりん)先生が講演に来られるということで、お目にかかりに行きました。
半年ぶりの再会です。
 
 先生は特に消化器腫瘍が専門です。
 悪性腫瘍の中でも7割ほどが消化器腫瘍(胃、腸、食道)とのことです

以下先生の話から少し抜粋

近年、がん治療の方法はかなり進歩しているが、
悪性腫瘍の脅威は減っていない。
中国では20年前から、中医に対する要求が高まっている。
中医学と併用する利点は
  
  1.副作用を心配せずに、苦痛を取ることができる
  2.治療による副作用を防ぐことができる。
    結果として治療を最後まで受けることができ、治療を成功につなげる。
  3.再発を防止できる
  4.延命効果がある。


これらのことは、とても大切なことであり、
ますます中医学の需要は増えるだろうし、期待もされている

このような話と共に、
病院での具体的な症例と、対処方法を教えて下さいました。
見事に中医学と西洋医学とがお互いの利点を生かして手を取り合っています。

人には自然治癒力があります。
その力によって、毎日2千個から6千個できているがん細胞から
自分の体を守ることができています。

体全体のつらい症状を治すということは、
最終的にはその人が持っている自然治癒力を
最大に発揮させることにもつながります。

最後に一言、劉先生から

がん細胞を殺すことばかり考えてはいけない。
 何センチ小さくなった、腫瘍が消えたか、そんなことにとらわれていると、
大事なその人自身がだめになる。その人自身を全体から見なければ治療はうまくいかない。



どんな病気についても言えることですね。
大切なことをもう一度再認識してきました。

後半は、S先生が、末期癌で、腹水や肺に水が溜まって呼吸もままならず、
余命も半月と宣告された状態から、
中医学の対象法で奇跡の生還を果たされ、14年間元気でご活躍されている、
体験談の講演でした。
同じ研究会なので、よくお話もさせていただきますし、
体が悪かったと聞いたこともあるのですが、
そのようなすごい病歴をもたれているとは思いもよりませんでした。

本人による講演はやはりインパクトがありますね。
淡々と話されていましたが、素晴らしいことだと思います。

体はくたくたでしたが、有意義な1日でした!

ところで、劉院長先生は東大で留学生として学ばれた経験があります。
そのため、日本がとても好きで、
私達が南京に研修に行っても、そのお陰で、皆さんからとても歓迎していただけます。
「日中関係は悲しい過去がありましたが、それは過去のこと。
これから私達はお互いに、いい面を学びあわなければなりません。」
そう話されていたことが、とても印象的でした。
「私は、日本が好きです。ですから、学生にも、病院でも日本の良さを紹介しています。
皆さんが研修に来られたときも、それは感じていただけたと思います。」

本当にそのとおりでした。

今そうおっしゃることは、とても勇気の必要な事と思います。

私達が研修に行っても、本当にすべてを見せていただけましたし、
今回の講演も心のこもった貴重な話でした。

この思いは、大事にしなければならないと思いました。
劉先生、本当にありがとうございます

夜は南京研修メンバーにより、懇親会をさせていただき
劉先生は、「北国の春」を上手に歌われ、
最後握手と共に、お別れいたしました。




ダイエットその後

ダイです。

ダイエットはどうなったのかと指摘をうけました汗
報告します

今日3週間目で ?3Kg です。

書きながら、サトに?3Kgは旗印つけてもいいかと聞いたら
鼻で笑われ、そりゃ普通やろ!

はい、普通です。

日曜はきっちり3食ごはんたべ、平日も夜に何回か出事があり食べてましたジョッキ^_^;
それでも3kgは優秀なほうと思うのですが・・・

朝は食事、昼はウイルビーとラクシュミ2袋のみ
夜はウイルビー(夜は牛乳に溶かしてます)とたっぷりの野菜サラダ
朝は20分程度のウォーキングと軽い筋トレ力こぶをしています。

1週目は順調に2Kg近く落ちましたが、
2週目は見事停滞期、全く体重変わりませんでした。
3週目で少し減ってきたという経過です。

ウイルビーのよさは何も難しいことを考えなくてもいいこと。
しっかり食事代わりに飲んでいれば栄養バランスくずすことないですからね。
あとは空腹との戦いです。
これは色んな方法があるけれど、やっぱり気持ちは強くもつこと。
(結構負けてますけど・・・)
家族の人に宣言することもいいですよ。
こっそり食べていると「あんた、ダイエットどうなったんびっくり怒り
とやさしい言葉で応援してくれますから汗

昼、夜ウイルビーだけですが、野菜サラダを食べるようにすると
そこそこ空腹もしのげます。
カロリーは少ないし、ビタミン、ミネラルが摂れるのでおすすめです。
オマケにうちの野菜サラダは「あご強化サラダ」ですから・・・笑顔

でも毎週の楽しみのチャングムは目の毒です、ホント。
ダイエットすんだらスラッガンの宮廷料理が思いっきり食べたいな?。
なんてネ・・・

目標まであと?2Kg
ガンバリますびっくり




婦宝当帰膠テレビ出演?!

私の大好きな、婦宝当帰膠が、テレビに出演するようです。

NHK土曜ドラマ「マチベン」

ドラマのみどころは弁護士・天地涼子(江角マキコ)を中心とした、ある
小さな法律事務所の個性的な4人のマチベンの姿を通して、現代の弁護士
たちの仕事ぶり、喜び、怒り、悩みにリアルに迫るというもの。

「先週15日の放送では「八仙丸」が登場していました。
先週予告編には
俳優さんの背景に「婦宝当帰膠600ml」が黄金色に輝いていました」

とのことです。
スポンサーでもないのに、驚きですびっくりどんないきさつがあるのかしら・・・
こんなにも有名品になってきたのですね。

今日は9時45分から放送。

うーん。今日は忙しい!「大長今(チャングム)」も絶対見たいし。
しかも明日は早朝より東京出張、
月曜日までの滋賀夕刊原稿は手付かず。
最近は大変な寝不足困った
体が3つくらい欲しいです汗




早産 出産後の出血が止まらない

今日Hさんが、突然来られました。
Hさんの妊娠は本当に感動的で、嬉しかったのを覚えています。
1月には、全く順調でお元気そうだったのですが、
9ヶ月に入ったころに、お友達で当店に来られている方から、
早産だったと聞き心配していました。

今日始めてそのときの様子を聞き、本当にびっくりびっくり
お話を聞きながら、驚いたり、笑ったり、青ざめたり・・
最後の瞬間は背筋がぞくっとしましたよ!
本当に良く無事でした。
よくブログを見ていただいているようなので、
ここで一言!
神様に助けてもらったと思って、本当に感謝しましょうね。

ところで、Hさんはもともと出産直前から出血が続いていました。
この頃の出血は色々原因があるけれど、
Hさんは、胃腸が少し弱く、疲れやすいタイプでしたから、
気血不足からくる出血だったと思います。

そのときの状態からいきなりの出産。
そして保育器に入った自分の子供のために、
産後養生しなければならない時に、通院。
そして多分色々なチューブにつながれたわが子を見て、
ショックだったでしょうし、余計に気血の不足がひどくなったと思います。

1ヶ月たった今も出血が止まらないとのことでした。

このときに大事なのは、やはり心と体を休めてあげること。

漢方薬では、
帰脾錠(きひじょう)と婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を服用し、出血の様子をみながら
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)を服用していただきます。

母乳も思わしくないとのこと。

大変ですよね。
ずっと搾乳しているのですから。

母乳には、グリーンナチュールを服用します。
大麦若葉の絞り汁です。

葉っぱを粉砕したものでは意味がないので、要注意です。

Hさん。大変でしょうけど頑張ってね。
お子さん早く退院出来るといいですね。

何かあったらまた相談して下さいね。

ところでHさん、グリーンチュールは絶対飲んでね。
(青汁の中ではあんなおいしいものはないです!!)
今度飲んでたかどうか聞きますからね笑顔







QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド