レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

2007年08月

無事今日から開店できました(*^_^*)

一時期はどうなることやらとおもった、軽改装も無事終わりました

なんと朝7時までかかって、1時間の仮眠を取って今日からがんばります!

今まで連絡も取れずにご迷惑をおかけした方には

本当に申し訳なく思いますm(__)m

時間が無いのでまずはお知らせです。

また詳しくご報告いたしますね!



ダイ先生のブログはこちら⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔

お店を改装しています

大きな改装ではないので、あまり宣伝していませんが

ただいま、お店の改装&修繕中です。

今まであまりに大変だったので、ブログも見るヒマもありませんでした汗

初日は25日夜から商品などの搬出で、朝8時まで・・・・

改装は、設計士もいれず、本当に簡単に少しだけ変えるだけのつもりだったので

軽く考えていましたが、今日もこの時間になってしまいました・・・・

すぐにでも寝たいのを我慢して、ブログでお知らせできていないのが気になって、

書きました


皆様に少しでも気持ちよく過ごしていただけたらいいなあと、

色々考えての改装ですが、

どうなることやら・・・・

30日からお店は開店です。

それまでもうしばらくお待ちくださいねm(__)m




ダイ先生のブログはこちら⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔

上高地、神の池「明神池」

12日、13日は上高地でゆっくりしました笑顔

上高地にしては珍しいほどの晴天でした。

 流星群が来ているとのことで何年かぶりで流れ星を眺めていました!

 いつもこの時期に山に来るのですが、これだけお天気に恵まれたのは初めてかもしれません。

両親にとっていい思い出になったらいいなあと思います

95edafeb.jpg






















上高地温泉ホテルで一晩とまり

87cd75f9.jpg


朝、明神池に向かっていざ出発!

片道3キロメートル程行った所に

神降地の異名がある明神池がありました。

澄み切った水がとても美しく、

心が洗われるようでした。



明神池のところには、穂高神社の奥宮があり

疲れた体にとってここまで来るのは長い距離でしたが、

お参りをさせていただくことが出来、c44032a1.jpg



本当にくることが出来てよかったと思いました

心の中で、今来てくださっている方のことを思い浮かべながら、


子授けのお願いと、安産のお願い、


その他すべての方の健康と幸せをお祈りし、

安らかな気持ちになって、帰路につくことが出来ました

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔/

お休みのお知らせ!

誠に申し訳ありません。
明日12日から14日までお盆休みをいただきます。
発送もお受けできませんので何卒よろしくお願いいたします。

実はサトの両親が結婚45周年拍手とのことで

旅行に招待してくれました音符

里帰りの代わりに、弟夫婦とともにちょっと出かけてきます。

親孝行どころか、すねかじり旅行ですが、

久しぶりに会う(3年ぶり?)弟夫婦との再会も楽しみです

リフレッシュしてお店でお会いできることを楽しみにさせていただきます!


ダイ先生のブログはこちら⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔

「子宮内膜が薄い」に漢方薬が有効である可能性2

子宮内膜が薄い原因として、特に今回力を入れてお話されたのは

D&C・・・つまり、人工中絶などの子宮内膜の処置の方法についてです。

c2c2dfee.jpg


東口先生は、処置のときに使う道具をわざわざ札幌から持参していただき

私達一人一人にまわして見せて下さいました。


幅1センチ弱ほどの子宮の大きさにしてはとても大きく見える道具で


実際に処置するときはどうやって行なうかお話されました。

産婦人科医になって一番緊張した処置が、

この道具を使って初めて処置をしたときだそうです。

先輩の医師から、

ゴリゴリと音がするまでかきとれ」

と言われたそうです。

この処置は、手探りでするので分かりにくく、一つ間違うと子宮に穴が開くそうです。

子宮の基底膜に傷がつくと、もう子宮内膜は出来ないのですが、

処置の間何処からが基底膜か分かる方法も無く、

子宮内膜が薄いといわれる方の多くは、

このような処置を受けた経験があるとの話でした。

中途半端な妊娠はよくないとよくお話しますが

胎児が育たず、やむなく処置しなければならない結果になり

その後子宮内膜が傷ついてしまう可能性があることを考えると

妊娠すればいいのではなく

充分な状態で妊娠することが大事だとますます思いました。


ダイ先生のブログはこちら⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド