レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

2013年06月

思ってもみなかった陽性反応

今日は、妊娠のご報告を2人の方からいただきました・・・・


繰り返し、繰り返し

「こんなに体調が良くなってきているから
きっと、授かる力を持っているはず
自信を持って!」

そうお伝えしていたYさん

少し前、、あまりに自信が無さそうで
ストレスでいっぱい
とてもとても不安そうだったので

きっと、このまま戻られても
毎日悲しい、面白くない毎日かな
それではあまりにしんどそう・・・

本当に心配で

それはそれは心をこめて叱咤激励

ぽろぽろ涙を流されて
胸の内を語られて

でもお帰りの際には
本当にすっきりした笑顔で
帰られました


ひと安心


次の方はだいぶお待たせしてしまいましたが
同じ悩みを抱えた方
とても快く待っていただいていました



「まさかと思って、尿検査してみたのですけれど
陽性だったんです・・・・

そうお知らせいただいた後
胎のうも確認できたとお知らせいただきました

良かった・・・・・

何をどうお手伝いできたのか

何よりこのままこの方もまた本物の笑顔になりますように・・・・・

スタッフが頑張って持ってきてくれるお花・・・・

優しさが伝わりますように・・・



           image








授かることができるまで・・・・

昨日はびっくりするような妊娠報告がありました・・・・

人工授精を何度繰り返しても
子宝に恵まれなかったCさん

すでにお子様はおられますが
再婚された方とのお子様が欲しい・・・・・


切実な思いの中での治療でした


もう自立一歩手前の子供たちもおられます・・・・


どんな状況でも
子供が欲しい気持ち
授からない気持ちはやっぱり同じです

涙も何回も見ました。


自然妊娠を目指したのですが
ご主人様とのタイミングもあわず・・・・・

当店での漢方薬服用で
本当に体温もきれいになり
体調も改善されたのですが

1年半ほど経過しても授からず・・・
再度病院へ。


なんと、まったく薬を使わず
たまたま受診された日がよかったので
人工授精

その後のホルモン療法もなく

間もなく妊娠が分かったのです

直後インフルエンザに・・・・
結果として流産になってしまいました・・・・


3か月後

「まだ、妊娠できるまで回復していないかも・・・・」

前回そんなお話をしていたのですが
また、タイミングがよく
人工授精

今回も一切ホルモン薬はなし

「今日胎嚢が見えました!」

さすがの私も驚きました

確かに連続で妊娠される事にときどき出会うのですが
年齢の件や
御主人の仕事のハードさ
Cさんの仕事の状況から考えて
驚くばかりの結果です

体調を整えることの大切を
更に実感した出来事でした

今日もまた素敵なお花がいっぱいです
お花パワーが、皆さんのおなかに届きますように

image



悲しい涙から嬉しい涙へ・・・・・


4月中旬からハードスケジュールで

休日がありませんでしたが、
この日曜日は本当の久しぶりの休日です

先週もまた妊娠報告をいくつかいただきました

週末のスタッフの一言
とても心に残りました

「Aさん、妊娠されましたね
Aさん、よく泣かれていたから、私はとてもうれしかったです!」

様々な方の妊娠のお知らせは
本当に嬉しいです

私自身の心をどれだけスタッフが理解してくれているか
忙しい中、十分伝えきれているか

いつもそう思うのですが

スタッフなりに
様々な思いで、サポートしてくれている

それは何よりうれしいことでした

スタッフはファミリー

ダイ先生がいつも言っている言葉です


Aさんの妊娠
これからハードルを乗り越えていくときです
本当の嬉しい涙に代わる日が来ますように・・・・・

お花もまだまだ
いろいろ飾られています・・・・・

image


東京銀座「花沢美希展」開催・・・長浜在住、若手アーティスト

当店の壁面に飾られている絵をご覧になった方から

「優しい絵・・・」
「かわいい・・・」

そんなお話を良くうかがいます

御縁があって、
長浜在住若手アーティストである、花澤美希さんが作成された、版画ですが
2年ほど前、東京銀座の「花澤美希展」にて、購入させていただきました

これがその時の作品です


花の妖精のようなかわいい絵です

image


そして、今回も6月1日不妊カウンセラー養成講座の参加日に
同じく、東京銀座で展覧会を開催されるとのことで
早速行かせていただきました!

今回もまた、かわいらしく
愛がいっぱいあふれた版画が・・・・

今回購入させていただいたものは以下のものです

題名はついていますが
美希さん曰く
「その方が見ていただくように見ていただければ・・・・・」

とのことですから
今回はあえて、書かず・・・・にね


image


写真ではちょうど、大切なところが光ってしまい
残念!
どうしてもうまく撮れなかったのですが
店頭に同じように飾っていますので、癒しのエッセンスにお役に立てばと思います

そして、こちら
スタッからのお花・・・・・

image


感謝をこめて・・・・・・






卵巣の老化は28歳で始まっている・・・・・・老化を防ぐという事

毎日が飛ぶように過ぎていきます

ダイ先生は現在ネパール研修中・・

伝統漢方研究会のルーツを探る旅
とのこと・・・

帰宅後の話が楽しみです


6月1日不妊カウンセラー養成講座に出席したのですが
一番印象に残ったのは、演者の

「卵巣の老化は28歳で始まっている」

その言葉でした

「卵巣の老化は35歳からという言葉が独り歩きしているが
実は32才からだと思っている・・・」

そういう話から

「実は32歳からというより、28歳からと言いたい」


黄帝内経素問「上古天真論」の一節
 「女性の一生は7の倍数で表せる」

その中で、28歳は、もっとも女性として充実したころとしています。
そしてその年齢を境に衰えていくという考え方・・・・・

演者は、素問を御存じだったのかと思ってしまいました。

「卵子老化の真実」という本を記事で読んで
非常に納得できました

明治時代では40歳以上の女性の出産数は近年のそれを上回っていたという文章・・・・

どんな違いがあるのでしょう・・・
食事事情、生活の快適さは、はるかに近年の方がいいはずです

私は

ストレス、夜更かし、ネット環境、神経を使った仕事の増加・・・・・

何よりここが大きなポイントで、ヒントがあると思います。
そして、漢方薬でもお手伝いできそうです。

まだ間に合うかもしれません
明治時代の女性たちに負けないように
出来るだけ近い環境を整えて・・・・

夜更かししない
夜のネット(スマホ)はできるだけ控える
目を酷使しない
のんびり、ゆったり・・・・・をモットーに

すべてを実践は無理ですね
でも、上2つは実践可能です・・・・
出来ることから少しずつ・・・・・
ですね

事情があって実践できないところは
漢方薬に頼ってみる・・・・というのもありです

スタッフに飾ってもらったお花
どんどん変わっていきます

私のアップが追い付きません

お花の力は素晴らしい・・・・ですね

image
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド