レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

2017年03月

周期調節法に出会って16年以上もたちました

今日は二人目の子宝相談のSさんがお子様と一緒にご来店

1人目の子宝相談の時からの御縁です

授かられたお子様と一緒にご来店
とてもよくしゃべる、やんちゃ盛り
天真爛漫と振る舞い、たくさんおしゃべりして
スタッフに「だっこー」

愛嬌たっぷり

お店が終わった後、ダイ先生がしみじみ

「みんな赤ちゃんが、どんどんしゃべるようになっていかーる

本当に実感です


それどころが、初期のころの記念すべき授かりちゃんが

「高校生になりました
お母様とご一緒に来店されました

去年から、その高校生さんの、
簡単な体調相談を伺っております

私は17年以上不妊相談をさせていただいているんですねー

そして、周期調節法に出会ってからは17年めに入りました
そのころ授かられた方々が、成人になろうとされている

そんなことを考えていると力が湧いてきます


週刊朝日の「本格漢方」に
私の主としている
周期調節法が掲載されています

image

足立病院の中山先生と、私たちの専任講師「陳志精先生」との対談が掲載

image


ぜひご覧くださいね 

子宝草の花のつぼみがふくらみました!!

少し前、お店に出勤したとき
スタッフが突然

「先生!子宝草のつぼみがふくらんでいる
そう私に・・・・

お客様通じて子宝草の花が咲くことは聞いていたのですが
そこまで大きくなることがなかったので
一度、咲いている姿が見てみたいなあと思っていました

つぼみはこれ

      image


こんな感じで伸びていました

     image



春とともに
つぼみが膨らんできたのですね


3月、次々と妊娠のご報告
毎月に比べて、多かったのは確かです

子宝草パワーつづきますように

暖かくなったら、
また子宝草の芽、小さい命に巡り合うことのできるパワーをのせて
お配りしようと思っています





 

卵子提供についてのこと

昨夜から卵子提供の話題がネットや新聞で取り上げられていますね

毎日新聞と
読売新聞と一面トップ




      image





卵子提供に関しては
莫大な費用をかけて、海外で提供を受ける方法が主流でした

今回は日本国内のOD-NETというNPO法人によるもの

ボランティアにささえられているため
費用が100万円ほどとありました

これはかなり現実的な価格になったと思います

これから先、倫理的なことを考えたとき
多々問題はあると思います

ただ、心からお子様を授かりたくても
通常よりも早い段階で、卵がなくなってしまった女性の悲しむ姿に接してきて
たとえ問題があるとしても
今回のことが福音となればと思います

そのためにもカウンセリング体制が整うこと
法が整備されることの必要性を強く感じます

何が正しくて
何が間違っているのか

当事者の立場に立って
考えていけたらと思います

米麹のおこしかた・・・

12日日曜日、麻婆豆腐を作った際、
味見の時に大失敗

お豆腐が予定外の熱さで、のどに居座ってしまい
のどの扁桃腺あたり、しっかりやけどしてしまいました 

軽く考えていたのですが
どうもそれから、気管支炎のように・・・
咳が出てきてしまいます
本当に
熱いお豆腐は要注意です

咳、やけどの漢方選定は
ダイ先生の糸錬功で見てもらうほうがベスト!

ダイ先生:「風参と、スクワレン服用しておいたら?」

ん?

またなんか、適当に言われてる?
漢方処方でもないし・・・・

時々疲れた時間帯では
家族の処方は適当にしか見ません

まあ、その処方でも
悪くはないでしょうから
服用しておくことにします・・・・・


ところで・・・・
米麹
おいしくできそうなので
お約束通りご紹介します

あさのNHKの料理番組で紹介
簡単そうなので思わず私の料理帳にメモ

image


これがその料理メモ帳です
これは2冊目
あ!これおいしくて簡単そう
そう思ったときに書き記す小さいメモ帳です

まず米麹の元、スーパーで手に入れましょう

材料
ごはん1/2合(軟らかめに炊く)
こうじ150g

1.炊いたご飯と米麹をフリーザーバッグに入れ、よく混ぜる

2.70℃のお湯につける
   お湯は1.5ℓの熱湯に、450㏄のお水で70℃

3.蓋をして、バスタオルなどでくるんで3時間置く

4.粒粒がなくなるまで熟成させる


上記の方法で、麹が起こされた状態になります

この麹で。簡単に甘酒もできるし
お漬物もできるし


お魚の麹漬けも

麹のおこしかたは
ほかにもありますが

これはNHKの朝の料理番組で紹介されていました
あまりに簡単なので
私も挑戦する気になりましたよ






 

子宝相談がライフワークということ・・・

昨日は自分でつけた蕪の麹漬け、家族で食べました

ダイ先生の感想

「これはこれで変わっていておいしい 」

ん?
どういうこと?・・・・かなと思いつつ

まだ1週間しかたっていないので
酸味が足りなくて
甘味がまだ強く・・・・・
もう少し様子を見てみようと思います

本日来店されたNさん

いつもかわいいお子様とご一緒
お子様はスタッフの人気者です
先日妊娠され、経過は順調で
ほっと胸をなでおろしました

私が不妊のご相談をさせていただき始めたころ
様々な葛藤がありました

私の性格は
一つのことに一生懸命になりすぎ
いろいろに目を向けられない

子宝のご相談は片手間でできるものではないと気が付き始め

不妊治療の専門的な知識を
不妊カウンセリング学会で学び始めたのは2005年から
初めて受けた不妊カウンセラー養成講座は、不勉強な私にとって衝撃的で
その時の冊子を、何度も読み返し
大切な資料として、その後長く使っていたなと思います

image

このころは、まだ不妊相談をライフワークとは思っておらず

この不妊カウンセラー養成講座での学びが
今の私に至った大きな要因だったのですが


不妊相談専門にしている漢方薬局も少なく
「不妊」ということに
様々な誤解もあり。私の仕事に対して
心無い言葉に、腹立たしさを感じることも少なからず・・・


だからこそ
私はこの仕事をライフワークとし
「未妊」カップルにとことん付き合う!!!

そう思い続けて今に至っています

嬉しいことに
たくさんの妊娠された方からの応援もあり
この仕事を選んでよかったと
思います

ふと、古い資料が目につき
懐かしくなって、つぶやいてしまいました

さ、お仕事がんばろ
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド