ここ数日、ほんとに暑い毎日が続いてます!

少し前に、みのさんの話を聞いてなるべく、
「暑い、疲れた、忙しい」
を言わないでおこうと決意したのに、ついついポロリ・・・・落ち込み

お客様との挨拶も

「暑いですねー」・・・・^_^;

こんなこと言ってたらアカンやん・・・と主人とお互いにつっこみ・・

うーん・・むずかしい・・

夏の症状と言うと
  体がだるい、食欲がない、やる気が出ない、めまい、頭痛、まぶしい、
  不眠、集中力がなくなる・・・・・

こんな症状が起こってくる人が、近年増えています。

  また夏風邪も、なかなか治らず困っている方も良く見かけます


なぜこのような症状が起こるのでしょう。

暑いから・・・・・

たしかにそのとおりです。

もっと科学的に説明させていただくと・・・

副腎皮質から出てくるホルモンが関係しています。

副腎皮質ホルモンからは、グルココルチコイドと言うホルモンが出ていますが、

このホルモンは、体を外部環境の急な変化から守る働きをしており、

グルココルチコイド(GC)の働きがわるいと、
環境変化についていけなくなり、病気になりやすくなります。

グルココルチコイド(GC)の働きには、
スイッチのようなものが必要で、

鍵と鍵穴の関係で、

グルココルチコイド(GC)が鍵穴に刺さって、初めて働くことができるのです。

夏には、グルココルチコイドも不足しますが、

細胞にある、鍵穴、グルココルチコイドの受容体も
夏ばてによって大量に失われます。

次回はまた続きを書きますね。


ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔