夏にだるくなる理由の続きです。

夏の不調の原因、グルココルチコイドというのは、一口に言って、
ステロイドホルモンです!

ステロイドハイと言う言葉を聞いたことがありますか?
ダイは、入院中、大量にステロイドを服用したことがあり、
そのとき本当に元気で明るかったです!

自分は何でもできる!スーパーマンだ!みたいな気持ちになるそうです。

ということは、それが不足すると、逆のことが起こるということですよね。

{グルココルチコイドの働き}
 
 ★ 代謝を促進!・・元気でエネルギーいっぱいになれます!

 ★ ストレスに抵抗性あり!・・暑い、寒い、睡眠が不規則
                 そのほかさまざまなストレスに大して強くなれます

 ★ 抗炎症作用があります・・・かゆみに非常に効くので、
               アトピーにも使われます

 ★ 抗アレルギー作用・・・・同じく、アトピー、喘息に使われます。


本当に大事な働きをするホルモンです。

このホルモンという鍵が、臓器の細胞膜にある鍵穴に差し込まれ、

色々な臓器が元気よく働くわけですが、

夏には、このホルモンも、臓器の鍵穴も不足するというのです。

夏風邪がなかなか治らないと思ったことはないでしょうか?

乾燥もしないのに、
アトピーのかゆみがひどくなって苦しむことがないでしょうか?


そういう方は、夏ばてのため、グルココルチコイドと、その鍵穴が少なくなって
症状が出ていると考えられます。

ではその対策は?次回は、その話にふれますね。


ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔