今日から不妊カウンセリング学会に東京に来ています。

私たち周期調節法の講師でもある陳志清先生が

「漢方の視点から見た不妊カウンセリングの役割と視点」

という演題でパネリストとして発表されました。

自然妊娠を目指す場合、原因不明不妊において、漢方薬でからだのバランスを整えることで、自然妊娠に繋がる可能性が高いこと

精子の数が少ない、運動率が低いなどのような男性側の問題でも、よい効果があること

体外受精など高度不妊治療と漢方と併用することで妊娠率が高まることなど

このような公式の場で、はっきりと明言させていただける機会を与えてくださった佐藤孝道先生に感謝しております。

他のパネラーは看護師、行政機関、心理士、鍼灸など様々な職種です。

様々な立場で患者を支え情報提供出来るように
ネットワークを作っていこうという話になりました。
心に残った言葉は
佐藤先生が陳先生にむかって
「EBMなんて難しいことは言わないから、症例でも良いから、漢方薬が不妊に効果があるというなら、もっと発表してほしい」
と言われたことです。

漢方に携わるものとして
大きな前進です。

実際に漢方薬は自然妊娠のサポートだけでなく、

不妊治療の効果を高めたり
体外受精の成功率を高めたりすることを実感していますから
お互いに協力できたら素晴らしいなあと思います。

実際に漢方薬の効果を信じて下さっている
京都足立病院中山先生には
病院治療が必要なお客様を紹介させていただき
病院治療と漢方薬の併用で
大変良い結果が出ているのです。