先日の妊活レッスンから
あっと言う間に1週間以上たちました

細かくご報告しようと思いながら
気が付いたら今日

講演前、相談コーナーを設けるとのことで
前回お話した通り
相談員としてお手伝いに行きました

「漢方相談の紹介のようなもの」

「だから、5分から10分くらいでお願いします」

何回もそのように伝えられていたので
実は私は内心ドキドキ

私の相談スタイルは
いつも初回2時間近くしっかりお話を伺います

ここのところ長い間
5分から10分の接客は経験したことがありません

きっと話を聞いているだけで、時間がたっちゃうかも・・・

一生懸命事前ストーリーを考え
どうしたらいいか準備し
いつもの相談より何倍も緊張しましたよ

相談に来られた方は
全てしっかり聞いてあげたくなってしまって
結局時間は守れませんでした

中途半端に終わってしまってごめんなさい
そう心の中でつぶやきながら・・・・


そして講演会

松本先生は大変熱心でまじめな先生
早口なのですが
誠実の雰囲気が伝わります
内容は基本的な内容に、独自の方法を紹介されていました

夢クリニックの体外受精は
できるだけ、自然に近く
薬をなるべく少なくからのスタート

この方法が漢方ととても合うので
ご紹介させていただくことがおおいのです

不妊治療で忘れがちなのは

たくさんのホルモン剤を使った後
もしかしたらその影響が、妊娠中、出産後、もっとその先の
体調不良につながる可能性があるということです

マタニティーブルー、産後うつなどは
不妊治療をされていると発症しやすいという報告もあります

そういう意味からも
「薬を最初はなるべく少なく」

が大切かなと思っています

そうなのですが
産婦人科学会のガイドラインは
たくさん卵を取る方法がいいとしています

ですから、きっと向かい風は大きいのではないかと思うのです
にもかかわらず、自分の信念を貫き
ブレずに、方針を変えずおられる・・・・

その後の懇親会で
その話に関して
体外受精を、自然周期から始める正当性について
熱く語っておられました

私は、その松本先生のご様子に

やはり同じように
周期調節方という特殊な漢方の服用を
ブレずにさらに極める勇気をいただきました
そして松本先生のように
熱い志を常に持ちたいと思いましたよ