7年ぶりの、南京中医不妊症研修
夏先生が国医大使になられてからは
初めての研修です

正式名は 江蘇省中医院 南京中医薬大学付属病院と言います

http://www.jshtcm.com/index.php

中医薬病院とは、中医学理論、つまり漢方理論に基づいた診療を、行う病院のこと。

処方薬は、生薬が中心ですが、西洋薬も必要な場合処方され、手術も行われます
ここが日本と大きく違うところでしょう

南京中医薬大学付属病院は
日本の名古屋大学、東京大学で留学経験もある劉院長の努力で
年々患者数が増加し
今は一日の患者数は、2万人!
以前研修させていだいたとき、1万人と伺っていたので、もう倍ほどの人数です

あちらこちらに病棟が建ち並び、圧倒されたのですが、写真を撮る余裕も無く、本当に紹介しきれないのが残念
[画像:3ef297ca-s.jpg]

以前は工事中だったビル・・・・
見上げるほどの高さに
患者数も納得です


[画像:80be0ea4-s.jpg]


夏先生は、名医堂の奥です

1回の診察料は500元 日本円で9000円ほど

これに薬代や、検査代が入りますから
一部の富裕層しか受診できない金額です

お薬代金はやはり
2万円近くするようですから
1カ月数万円以上必要・・・・


[画像:a7c5876c-s.jpg]

そんな高額にもかかわらず
来院するのです

御歳、88歳!
7年前に比べ痩せられましたが
変わらず元気に診察されています

この7年の間に
ますます雲の上の方になられたのですが
しっかり診察に立ち会わせていただき
最後に記念撮影

image


今でも記念撮影させていただけるという
喜びのあまり
わたし、少し近寄りすぎてしまいました
あとから写真を確認して
「わー」と・・・・

でも温かい笑顔のご様子・・・
宝物に

しばらく、研修のまとめなど
業務は増えますが
早くまとめたい気持ちです

今日も遅くなってしまいました
早く寝なければ

少しずつ
生活を改善しようと思います・・・・