春になり
今年の花粉の多さに、うんざりされている方も多いようですね・・・・
衛益顆粒をお勧めする毎日です

でも、本当は「春」は妊活に最適な季節
冬に蓄えてきた「腎精」という、命をはぐくむ力が
活躍し始めるころなのです

春の力を発揮させるには
先日お話した春の養生法大切ですね・・・・

何かを始めるのは最適な季節なのですが
不妊治療で大切なことは
頑張りすぎないこと

40歳であるとか
AMHが低いとか

もう後がないように言われると
毎周期、毎周期休みなく通院してしまいます

最初の数周期はいいのですが・・・・
もう半年以上、1年近く休みなく通院し
ホルモン治療などを繰り返されているのであれば
上手に休むことがとても大切なポイントになってきます

先日ご来店のSさん
AMHがとても低く
体外受精を繰り返しつつ、採卵できなくなってきたので
私のところに来ていただきました

FSHも数十以上になったり
治療を休んだ後、なかなか卵が育たなかったり・・・・


こんなことを書いていると
「私のことかもしれない」

そう思われる方が 多いのではないかなと思います・・・・

実はそんなご相談で来店されている方は
とても多いのです

そのような中でも
上手に休みを取り入れながら
ここというときに通院する

それがうまくできると
結果につながります

先日のSさんは
1年以上、久しぶりに
卵が胚盤胞まで育ちました
グレードも悪くありません

思い切って、何か月か自然に任せていたのが
奏功したようです

どうかコウノトリが来ますように・・・