レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

不妊・不育症

妊活に、風邪は大敵!

「処暑」が過ぎると、朝晩が涼しくなり
過ごしやすくなるはずなのですが・・・・

どうも、今年はすっかり火の神様に好かれてしまったようですね

暦の上では秋なので
秋の養生が大切
ただ、猛暑の時は少し違います

まだこの暑さの中
しばらく、夏の養生を続けることになります
いい加減飽きますけれどね

ただ、このような時
気を付けなければいけないのは
急激な気候の変化です

秋の空気は乾燥

空が高く感じ始めるころ
空気も乾燥し始めるので
朝晩の気温差が大きくなります

のども乾燥しやすく
このような時に
風邪をひいてしまうのです

風邪をひくと
活性酸素が体に急激に増え
卵子の質を悪くするきっかけにつながります

妊活にとって
風邪は最大の敵です
なるべく長引かさないようにすることが
とても大切

朝起きた時、
鼻水、くしゃみが気になったら・・冷えの風邪対策
寒気がするとき
 
 ☆襟足から下の背筋10cm位のところに生姜のおろし汁を数回たらして擦りこむ。
   その上にカイロをあてて温める。 

 ☆夜寝る前に生姜湯で10~15分両足を温める。


漢方薬の復習編
  このときの漢方薬は衛益顆粒葛根湯
でしたね。
  私は葛根湯に地竜が入ったカゼコールがさらによく効いてくれるので、
  葛根湯といえば、カゼコールをおすすめしています!何よりも味がおいしいですから

  

のどの痛みが気になったら・・・・炎症の風邪
 
 ☆きゅうりをすりおろして、はちみつ、葛と混ぜ、熱湯の溶かして冷ましてから服用する
 
  ☆ 咳が強く高熱のとき、生れんこんをすり、そのしぼり汁を湯のみ6分目くらい飲む。

  ☆ 38℃以下に下熱したら一度熱を通したものを飲む。
  
  ☆ れんこん粉末(自然食品店などにあります)を小匙すりきり1杯を100くらいの水でとき、

    ちょっと熱をくわえて飲む。


漢方薬においては、
初期では「天心感冒片」(銀翹散)がおすすめです
天心感冒片が特に便利なのは、板藍のど飴と舐めると、1回だけでも
のどの痛みが和らぎ効果を感じ
こまめに舐めることにより、かなり改善することが多いのです





上記の風邪に合わせ
すぐに風邪の漢方薬を服用できるように
手元に用意し、上手にこの季節を乗り切りましょう

台風で・・・

昨夜の台風は大きかったですね

この風の強い台風でなんと
車は傷物になってしまいました(´;ω;`)

大きな何かが飛んできてぶつかったような跡...

いろいろなものが飛んでいたような音が聞こえたので
ありうる話です。゜゜(´□`。)°゜。

そんなことはありましたが・・・

一昨日、ご家族、かわいい赤ちゃんと一緒に
ご来店いただき
今週はとても元気をいただきました(*゚▽゚*)

産後1か月でのご訪問

ちょうど新生児湿疹が出るころですが
きれいな肌

母乳も順調とのことで
ご報告と
漢方薬を送付させていただいたお支払いのためにご来店・・・・

1人目の妊活相談からのお付き合い
3人目の赤ちゃん誕生です

1人目は少し時間がかかりましたが
2人目、3人目は
本当に順調でした

ずっと産前産後、妊娠中も相談に来られ
1人目はとも元気で生まれたので
同じようにしてあげたいとのことで
ずっと通っていただきました

順調に3人授かられたことは
何よりうれしいですね

記念写真を撮らせていただき
抱っこさせてもらって
赤ちゃんパワーをいただきました


これでまた何人も妊娠の架け橋のパワーを充電できました

でも
やっぱり
車のことは悲しい・・・(ノд・。) グスン

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
8月24日(金)、25日(土)
        9月28日(金)、29日(土
 
※更年期、子宝相談はサト先生がお受けします

イ先生、ブログ更新しています!
 ⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

幸せ探し

昨夜は嬉しいご報告
 「心拍が確認できました」
今日は悲しいご報告・・・
 「受精卵の分割ができませんでした・・・」
 

この違いはどこからくるか
原因は?
どうしたらうまくいくの?

私が学び続ける原動力の源です


そして・・・

お盆前に
いろいろな気持ちを伺います

「妹が妊娠しているので、お盆に会うのがつらい・・・」
「義理の姉が出産したあと、帰省する・・・」
「親戚から何か言われるのが怖い・・」

そんなお話を伺いました

子宝に恵まれないつらさは
経験しているものにしかわからない

でもせっかく子宝に恵まれているのに
やはり幸せに思えず苦しんでいる方も・・・

それぞれ、幸せの物差しが違うのだなと
いろいろな方の相談を受けながら

「そこに幸せがあるよ」
教えてあげたくなることがあります

幸せの芽を、なかなか見つけられないのですね

実は私も一緒です

ダイ先生が病気で入退院を繰り返していたころ
私の願いは

「ダイ先生が早く元気になって
病気の心配をすることなく一緒に暮らせるように」

でした

今その願いはかない、ダイ先生は病気から回復しました

難しい願い事だと思ったのですが
その願いが叶うと、違うことが気になりだすのですね

気が付いたら
ついつい愚痴っぽく・・・

でも、ふと、
これが何より望んだ生活だったと
思い出し

ここに幸せがある

そう思い出すことがあります

「周りを探すと
幸せの芽が必ずある」

一番苦しいときに
いつも言い聞かせていた思いは
ついつい忘れがちになりますが

ずーっと
大切にしていきたいと思っています

まだまだながーい
これからの人生のためにね

上手に幸せ探し
出来ますように


8月11日(土)から14日(火)休業させていただきます
15日(水)から、通常通り営業いたします

月経痛、生理不順、PMS、などの専門相談
5月から「ミカ先生の相談」を始めました

竹内美香穂
先生
の相談日

  ⇒
8月24日(金)、25日(土)

※更年期、子宝相談はサト先生がお受けします

イ先生、ブログ更新しています!
 ⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう

暑いときこそ、温かい飲み物を

今週も終わろうとしています

最後の予約の方、来られないなーと思いながら・・・
暑さで忘れてしまったのでしょうか

あまりに暑いので
冷たいものを食べられる方が増えてきました

「わかっているけれど・・・」

今日の店頭で

「冷たい食べ物、気を付けておられますか?」

「アイスクリームを・・・・」

「どれくらい?1週間に何日くらい?」

「・・・・・」

「もしかして・・・毎日ですか?」

ハイ・・・・

あらまー・・・・・

「アイスクリームと,食養生は別だと思っていました」

こんな会話でしたΣ(´д`;)

冷たいものを食べると
体はかえって熱くなるということ

以前お話ししました

「夏の養生法に納得」

おなかに冷たいものを入れると、毛穴が閉じてしまって
熱を発散できなくなり、熱がこもってしまうのですね

こんな時
温かい飲み物をいただくと
不思議と口の渇きが無くなり
おなかが楽になります

夏バテを予防するとても大切なこと

そして・・・・・

アイスクリームの功罪は
冷たいものを取ることだけではなく

卵が糖化ストレスにさらされますから
質が悪くなってしまいます


そんな話をお客様としつつ
調剤室に戻ると・・・・

スタッフの様子が微妙・・・

怪しかったので

アイスクリーム毎日食べているみたいと言ったら

「先生、アイスクリーム毎日食べると悪いのですか
暑いので、ついつい・・・・」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

みなさま、どうか上手にこの夏を乗り切られますように・・・・・m(_ _)m

卵巣の老化のポイント、ミトコンドリアを元気にするには・・・・

今日は雨が降り
少しだけ涼しくなりました・・・・

それにしても
連日救急車の音
大変な毎日でした

そのような中、京都へ勉強会

私が好きな中医学講師の
韓小霞先生の講義です



韓小霞先生は、免疫性不妊について
独特の考え方をお持ちだと伺い
「絶対お話を伺いたい
私も京滋奈中医研の学術委員としての(特権を生かして

と、京都へお呼びした次第なのです

役員になるのは、大変ですが
悪いことばかりではありませんね

今日の講義も
少し考えてなかった方面からの
アプローチについてのお話しで
面白かった

はやりのミトコンドリアについては

ミトコンドリアはエネルギーを生み出すところ
これは、「
ミトコンドリアを活性化するということは
中医学で言うと「補気」の考え方!!

そして、
卵巣にはミトコンドリアが数多くあるのは有名になってきましたが
その事が原因で
老化しやすい細胞でもある

つまり、「気虚」になりやすい

だから、「補気」が大切・・・・

子宝相談で良く感じるのは
胃腸が弱い方がとても多いこと

胃腸が弱いということは
気虚になりやすいということですから

胃腸をどう強くするかということが
何より重要になってきます

実は
もう一つ気と関係するとことろ

これはやはり子宝の臓器

」です!

AMHが低かった方が
腎を補う漢方薬を服用するようになって
数値が上昇することがあります

韓先生の講義を受けながら

一つ一つ
基本的な事柄ですが
今私が考え対応していることが
卵巣の老化を防ぐキーポイントにつながっていることを
再認識することができました


そして・・・・

免疫性不妊についての
面白いお話は
これもまた目から鱗の話!!
この場で紹介させていただくことはできませんが・・・
早速店頭で活用しています

様々な先生の話には
宝物がいっぱい

面白くて仕方ありません!


講義中の写真を撮り忘れ
終わってからの撮影

DSC_0543


韓先生
私が好きな中医学講師の先生の一人です

月経痛、生理不順、PMS、などの専門相談
5月から「ミカ先生の相談」を始めました

竹内美香穂
先生
の相談日

  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)

※更年期、子宝相談はサト先生がお受けします

イ先生、着々とブログ更新しています!
 ⇒レガート日記 ヴィーナスへ行こう


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール

サト

記事検索
タグクラウド