レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

中国研修

漢方薬と体外受精の併用で妊娠続出!

本日研修から帰ってきました

病院での研修中は
目まぐるしい毎日です

連日早朝起床
深夜就寝(^_^;)

1日目の外来研修は
先日講演された
孫振高先生です

孫先生の患者数は事前に
覚悟していましたが

少しだけ私たちのために
診察をゆっくりしていただき
説明してくださる場面も

何より衝撃を受けたのは
次々妊娠の報告があったこと
少なくとも3人に一人は
妊娠の報告です!

体外受精においての処方のポイントは
講義でもあり
それが現実にいかされ
効果が出ていることが
よくわかります

DSC_0048


孫振高先生は、9年前の研修から
貫禄も出てきましたが
優しい雰囲気が残り

時々笑わせたり、叱ったり
誉めたり

カウンセリングも
人となりがにじみ出ていました

様々な角度から見習うことばかりです

あっという間に時間がたちますね

連方先生の講義、研修については
また次回に報告させていただきます  

帰国まで
連日余裕のない毎日で
お土産も買えず(>_<)

ダイ先生に
今回は申し訳ない
中国研修だったのですが

なにかないかなー



思ったんですけれど・・・・

さすがにネクタイは
飽きられ(._.)

元気で帰ってきたし
まあ、いいかな(*^-^*)

乗り継ぎの名古屋駅に
何かあるかな(^_^;)

ダイ先生のブログ
読むとね(._.)

ダイ先生のブログはこちら→レガート日記 ヴィーナスへ行こう

山東省につきました!

早朝に羽田を出発
長い道のりで、山東省につきました

DSC_0033


皆さんと様々な話ができるのも
また楽しい旅路てす

3人のお子さまをおいで
勉強に来られた先生の話を
伺い、昔の私を思い出しました

明日からハードな病院研修です

先日の孫先生の外来
もしくは、連方先生の外来
見学にいきますが、
何より今日も午前中だけで180人の
患者さんだったと、一足先に来られていた劉伶先生から説明を受け
どんな研修が待ち受けているのかと

不安もありますが
ワクワクも!

頑張らなければ!

山東中医薬大学附属病院 生殖・遺伝センターへ研修に行きます!

昨日は寒く、今日は暑く(._.)
体かついていきませんね!

いよいよ明日から
山東中医薬大学附属病院  生殖・遺伝センターにて、
9年ぶりに研修を受けます

今回は様々な理由で
行くのを躊躇しました

仲間の先生からの強いお誘いと
ダイ先生の応援で
行かせていただきます

感謝を込めて

素晴らしい研修になりますように!

ダイ先生のブログはこちら
      

「南京研修まとめの会」米原で開催!

1月28日(日)29日は
去年研修した、夏桂成先生の南京中医薬大学病院研修についての
まとめの会が米原で開催されました


DSC_0435

不妊症の専任中医学講師
劉伶先生、張立也先生、王愛延先生
そして、同じく陳志清先生も集結


北海道・埼玉・東京・神戸・京都・山口・鳥取・・・・
それぞれその地域で大活躍のベテランの先生も遠路はるばる!

それぞれ担当の症例・講義をまとめ
発表する機会です

DSC_0417



張先生の発表のご様子

大変な情報量で
集中しすぎてしまい
講義中の残っている写真はこの一枚でした

卵巣チョコレート嚢腫のCA125の数値が驚くほど改善した素晴らしい症例

免疫性不妊・着床障害などについての
内膜の受容性を高める生薬の服用方法

両側卵管閉塞が漢方薬で改善した症例

繰り返し体外受精を失敗している方の
卵の質を高める途中経過についての症例

私が発表させていただいたのは
談勇先生の講義ですが

談勇先生は

採卵に関しては

いかに質の良い卵胞を一定の数を確保するかと、

 西洋医学的には排卵誘発剤を使う

でもそれによって、腎精気血が相当消耗されるので、

 中医学的には『補腎填精』を中心に卵胞の生長を助ける。」

移植に関しては

特に胚移植の前は体質改善が大切

体質を良くすることによって体全体が良くなり、

 生殖に関わる機能と環境が整ってくる

体外受精を成功させる重要な条件の一つ

だいたい24ヶ月くらい時間をかけて体質あるいは月経周期を整えていく

と・・・・

情報量が多く消化不良ですが
長い月日をかけて
消化する価値のある内容です

この中国研修は
私の今につながる南京研修でもありました
そして、今回の研修は
一番充実した内容になりました
このように学べる機会があり
幸せなことだと・・・

たくさんのたくさんの宿題が
またまた増え・・ました・・・・

中医不妊症、中国研修 1日の患者は2万人!!


7年ぶりの、南京中医不妊症研修
夏先生が国医大使になられてからは
初めての研修です

正式名は 江蘇省中医院 南京中医薬大学付属病院と言います

http://www.jshtcm.com/index.php

中医薬病院とは、中医学理論、つまり漢方理論に基づいた診療を、行う病院のこと。

処方薬は、生薬が中心ですが、西洋薬も必要な場合処方され、手術も行われます
ここが日本と大きく違うところでしょう

南京中医薬大学付属病院は
日本の名古屋大学、東京大学で留学経験もある劉院長の努力で
年々患者数が増加し
今は一日の患者数は、2万人!
以前研修させていだいたとき、1万人と伺っていたので、もう倍ほどの人数です

あちらこちらに病棟が建ち並び、圧倒されたのですが、写真を撮る余裕も無く、本当に紹介しきれないのが残念
[画像:3ef297ca-s.jpg]

以前は工事中だったビル・・・・
見上げるほどの高さに
患者数も納得です


[画像:80be0ea4-s.jpg]


夏先生は、名医堂の奥です

1回の診察料は500元 日本円で9000円ほど

これに薬代や、検査代が入りますから
一部の富裕層しか受診できない金額です

お薬代金はやはり
2万円近くするようですから
1カ月数万円以上必要・・・・


[画像:a7c5876c-s.jpg]

そんな高額にもかかわらず
来院するのです

御歳、88歳!
7年前に比べ痩せられましたが
変わらず元気に診察されています

この7年の間に
ますます雲の上の方になられたのですが
しっかり診察に立ち会わせていただき
最後に記念撮影

image


今でも記念撮影させていただけるという
喜びのあまり
わたし、少し近寄りすぎてしまいました
あとから写真を確認して
「わー」と・・・・

でも温かい笑顔のご様子・・・
宝物に

しばらく、研修のまとめなど
業務は増えますが
早くまとめたい気持ちです

今日も遅くなってしまいました
早く寝なければ

少しずつ
生活を改善しようと思います・・・・


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール

サト

記事検索
タグクラウド