レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

美容と健康

暑いときこそ、温かい飲み物を

今週も終わろうとしています

最後の予約の方、来られないなーと思いながら・・・
暑さで忘れてしまったのでしょうか

あまりに暑いので
冷たいものを食べられる方が増えてきました

「わかっているけれど・・・」

今日の店頭で

「冷たい食べ物、気を付けておられますか?」

「アイスクリームを・・・・」

「どれくらい?1週間に何日くらい?」

「・・・・・」

「もしかして・・・毎日ですか?」

ハイ・・・・

あらまー・・・・・

「アイスクリームと,食養生は別だと思っていました」

こんな会話でしたΣ(´д`;)

冷たいものを食べると
体はかえって熱くなるということ

以前お話ししました

「夏の養生法に納得」

おなかに冷たいものを入れると、毛穴が閉じてしまって
熱を発散できなくなり、熱がこもってしまうのですね

こんな時
温かい飲み物をいただくと
不思議と口の渇きが無くなり
おなかが楽になります

夏バテを予防するとても大切なこと

そして・・・・・

アイスクリームの功罪は
冷たいものを取ることだけではなく

卵が糖化ストレスにさらされますから
質が悪くなってしまいます


そんな話をお客様としつつ
調剤室に戻ると・・・・

スタッフの様子が微妙・・・

怪しかったので

アイスクリーム毎日食べているみたいと言ったら

「先生、アイスクリーム毎日食べると悪いのですか
暑いので、ついつい・・・・」

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

みなさま、どうか上手にこの夏を乗り切られますように・・・・・m(_ _)m

春の養生・・・・のびのびと過ごす


長浜・・・というかこちらは木之本ですが
やっと春らしい日差しを感じられるようになってきました

春の特性は自然界では「木」です

木の特徴である 「成長」「昇発」にあった行動をとることが
季節の養生につながります

樹木や枝は真っすぐ、あるいは曲がりながらも上へ上へと伸びていきます
そのように上へ伸びることを妨げるような行動はよくありません

心と体を解放させるような
グーンと伸びをするような
おおらかな気持ちになれるような生活を心がけることが大切です

冬の大切な生活養生は「貯蔵」ですから
冬に蓄えたエネルギーをもとに
春に何かを始める!

こんなとき

さぼりがちだった、ウォーキングを始めてみてもいいですね
筋トレ
ヨガ

激しすぎない
ゆーったりとした軽い運動が大切です

もちろん、呼吸法は一番大切な季節!

吐く・・・・8秒
吸う・・・・4秒
腹式呼吸で5回ほど

仕事前と、間の休憩時間、帰宅時、そして夜寝る前・・・・

1日2から3回
この呼吸法もとても素晴らしい効果がある時期なんです

食事では
酸味のあるもの
柑橘類、うめ、黒酢、キウイ、ヨーグルトなど
香味野菜
三つ葉、シソ、ニラ、パセリ、セロリなどがおすすめです

実は、春は女性にとって大切な季節
春を表す臓器は「肝」ですが

女性の本質は、この季節にあると東洋医学の古典では伝えられています
肝の血が不足すると
イライラがひどくなり、精神的に不安定なったり
憂鬱になったり

女性であれば
この時期に、良質なたんぱく質で栄養を補うことも大切でもあります

そして・・
妊活されている方にとって
この時期から良い時期がしばらく続きます
チャンスですね

しもやけができませんでした!

1月下旬から2月の今まで
今年の寒さは厳しかったですね

たくさんの方がこの寒さと雪に、苦しめられたと思います
早く暖かくなって欲しいと心から思いつつ・・・・

昨日もとてもうれしいお話を伺いました

冷え性改善のために遠方から来店されていたNさん

毎年10月になるとしもやけになるとのことで
しもやけの改善も含めて、漢方薬を服用されていました。

少しでも寒くなるとすぐしもやけができてしまい
中々てこずっていたのですが
最近ではしもやけができてもすぐ治るようになり
10月にできていたしもやけが、
12月頃までできなくなり
一度できたら治らなかったしもやけも、
できても数日ほどで改善するようになり
弱かった胃腸も改善
生理前のイライラもほとんどなくなり・・・・・

あとは肝心のしもやけでしたが・・・・

この例年より冷え込んだ2月

「しもやけができませんでした

そのようにお伝えいただきました(o^∇^o)ノ

この2月の寒さで、悪くなられていることも覚悟していたのですが
このご報告に私も大喜び

最近気になる症状をうかがいつつも
二人で喜んでいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

しもやけは「凍傷」で
寒いという身体の信号により
血管が収縮し、その部分の栄養が行きわたらないくなることから
発症する症状です
気血が不足し、血流が悪く冷えているシグナルです

これは、ほかの部分にもつながる話で
しもやけができやすい状況は
妊活の妨げにも
美容の大敵にも!

全くできなくなるまで
少し時間がかかりましたが
一番冷え込む2月にしもやけにならなかったことは
大きなステップアップ❤️

また寒さが戻るとのこと

実は恥ずかしいことに
油断をしていた私は
寒い日に1日きつめの靴を履き
先日しもやけに・・・・・
今は治りましたが
漢方薬でしっかり温かくし
春の体作りをしっかりしなければ・・・

生理痛がやわらぎにきびがきれいに・・・・

お盆明けの3日間は
たくさんの方に来店いただき
お昼をいただく時間もないほど・・
あまりに忙しくて
お電話の約束の日時を間違えてしまった方もあり
大失敗もありました


この3日間はニキビのご相談の方が続きました

大人になってからのニキビは
本当に悩んでしまいます・・・

なによりだんだんニキビ跡が
10代のころより残りやすくなって
しみのように・・・・

悲しいですね

大人になってからのニキビはホルモンバランスの乱れが原因で
ストレスや飲食の不摂生が絡んで起こってきます

気血の流れが悪くなっている状態と
体の自浄作用が弱くなっているためニキビになるので
余計に跡が残りやすくなっているのです

良くご相談を受けるのですが

こんな時、大切なのは
ホルモンバランスを整えること

気血の流れを良くして
体の陰陽のバランスを整える漢方薬で
にきびに悩まされなくなります

一昨日も
大人のニキビと、生理痛のご相談で
来店されていたMさん

初回は新陳代謝をよくする漢方薬で
生理痛が改善したのですが
にきびは少し悪化

でもその時の感じは
「ニキビはできるけれど
すぐにきれいになる気がする」

ここが大切なのです

その方の状態によって
新陳代謝をよくする漢方薬を服用されると
一過性にニキビが出てくることがあります

そのような時はドキドキしますが
「なおりやすい」という状態であれば
漢方薬のバランスを少し調節することで
必ず改善の方向に向かいます

油の多い食事
甘いお菓子
が良くないのは、もう当たり前
ニキビを予防するビタミンを奪ってしまいます

冷たい飲み物
冷たい食べ物
これは胃腸が冷えてしまって
新陳代謝が悪くなり
ニキビが治りにくくなってしまいます

唐辛子などの刺激物
ニキビの赤みが、さらに赤く・・・・

なるべく控えるだけでも
本当に違いますよ

スタッフの身長が「補腎薬」で2センチも伸びた!

私とダイ先生以外
うちのスタッフは
女性ばかり4人です

その女性スタッフのうち
3人が、同じくらいの身長で少し小柄。どんぐりの背比べ


そのうちの1人のスタッフが

「健康診断でまた身長が伸びたんです

実は去年も身長が伸びたと言っていましたが
背すじが伸びてかなと思っていました

今回はそんなレベルを超え

結局働き出して2センチ伸びたようです

働き出してから
色々体に合わせ
腎を補う漢方薬など服用していたから・・・・

「やっぱり子供だったん?まだ成長期?」

同じくらいの身長のスタッフ同士大騒ぎでした(´∀`)


「腎」は精を蔵し、成長発育をつかさどる

まさに、上記の言葉がぴったりあたはまります
それにしても・・・・・
30才後半で、2センチ身長が伸びるとは・・・・

上記の言葉には続きがあります

腎は精を蔵し、成長・発育生殖をつかさどる


補腎することは
命を育むパワーにつながること
改めて実感いたしました


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール

サト

記事検索
タグクラウド