レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

本陣薬局 歴史

ダイ先生NHKに取材される!

今日は、ダイ先生NHKの取材を受けました

実は、本店のお地蔵さんのほうのお店にいたときです
(ダイ先生と私はいつもは、支店の「漢方の本陣薬局」にいますが・・・・)

本陣薬局は、色々話題があって
今まで数々NHKから民放まで取材を受けてきましたが・・・

今回は
拝郷五左衛門」家嘉が絡んだ取材だったようです

西田知美さん
田山涼成さん

二人のレポーターがぶらりと訪れて・・・・・・

そんな設定です

銘酒「七本槍」の富田酒造さん
「サラダパン」のつるやさん

そして当店の取材とのことでした


拝郷五左衛門が絡んだ取材は珍しいんです
いつも、「薬剤師第一号」
もしくは「本陣」としての取材が多くて・・


田山さんのキャラクターから、ちょっと落ちのあるお話になったとか(*^_^*)

本陣の本店は義父母がお店で、ゆっくりしているので
本当に昔の町の薬局さんという感じです(^_^;)・・・・・
ある意味懐かしい??

            

本陣薬局のも一つばあちゃん「たつばあちゃん」

最近木之本は観光客でにぎわっています

テレビ出演のお店も多く
名物が色々あり、ちょっと面白い街道でもあるかなと

勤務先の愛知県の私立病院で
私は木之本の「本陣薬局」にいくとお話したとき
ちょうど 新聞に、「木之本に熊が出た」と掲載された新聞を薬局長が持ってきて

「ものすごいところに行くんだな」と言われました(^_^;)

今年もまた続々と熊が出ていたようですね(^_^;)

そんな本陣薬局に嫁いできて・・・・・

当初私が来たとき
いつも聞かされていたのが

「も一つばあちゃん」たつおばあちゃんのことです

いつもニコニコ
仏様のようなおだやかな方でした

差別することなく
私が知る限り怒った姿を見たことがありません

たつばあちゃんの存在は大きなものでした

「おばあさんは本当にいい人やった」

私がお店に立つようになって
どれだけこの言葉を聞いたことでしょうか

「本当にお世話になった」
「子供の頃かわいがってくれた」
「あんな人はいない」

何回も何回も聞きました

「たつばあちゃん」が亡くなった後でも
何年もその言葉を聞きました

実は「たつばあちゃん」は、本陣の本当のおばあちゃんではありません
その妹に当たる方です
「もひとつばあちゃん」です

今、こうやって様々な相談を受けているとき
ふと脳裏をよぎることがあります

「たつばあちゃん」が現役で活躍されていたときのお姿を
見てみたかったなーと

私たちをどう見ているのかなーと 

        17


 

馬篭妻籠の本陣を見てきました!

9月のこの22日、23日の連休・・・

家族4人で、「本陣」という歴史について
再認識するため
妻籠、馬篭に行きました

妻籠宿は重要文化財として認定を受け
江戸時代からの町並みが保存されています

DSC02863 (640x480)


私は3回目です

もともと島崎藤村の作品が好きで
この地にとても惹かれます

「若菜集」の「初恋」が大好きでした

破戒、夜明け前など試験前だというのに読みふけった思い出があります

特に夜明け前は、この地にゆかりがある内容で
このような山中でこんなにぎやかな宿場町があったという事
大名行列は大変だったと思いますが、
本陣を中心とした宿場町が栄えるきっかけになった事には違いありません

DSC02858 (640x480)

見事に町並みが保存されています

そして、最大の目的
「本陣」を見学しました
今回は「本陣」とはどういうものか
当時の形が見事に再現されている本来の姿を子供たちにも見せようと
思いました


DSC02865 s




門から家に続くアプローチ

DSC02867 (640x480)


玄関からの入り口



DSC02875 (640x480)

あまりに立派に残されているので
圧倒されましたが、重要文化財の指定を受けてから
当時の間取り図をもとに、復元されたとのことで
納得しました

我が家も本陣ですが
当時の面影を残すところは多分半分以下
廃藩置県の後、大名の参勤交代が無くなったため
大名の宿としての本陣の役目が終わり
復職の薬屋が主職となり現在に至った経緯があります

その後苦しい時期もあったようで
いろいろ手放してきたと思います


昔は本陣宿であった当家
戦国時代には加賀大聖寺城城主・・・

本当に重い祖先の歴史です

「漢方の本陣薬局」の今の仕事ぶり
先祖が誇らしく思ってくれていると
堂々と言えるようなものにしなければいけません


本陣ということを理解するのに
十分な旅行だったと思います
とても趣のある宿場町で、充実した2日間を過ごすことが出来ました

おもいっきりテレビ

ちょっと前になりますが、TVの報道ステーションにみのもんたさんがゲスト出演したとき、

みのさんは
「暑い、寒い、疲れた、忙しい、は絶対言わない」と言っていました。

ははっ汗 ダイは言わない日はありません。

朝起きたら、「あっつ??太陽びっくり」から始まるのですから・・
お店では「あ?忙しい走る」、お店すんだら「あ?疲れた落ち込み

TVを見たときは、すごいな?、見習わねばな?  なんて思いつつ・・

みのさんは一度TVに出られないときがあって、そのつらさを経験してるから来る仕事は断らないようにしているそうです。

そんなみのもんたさんの番組に、昔うちが登場した事があります。

     日本テレビの 「おもいっきりテレビ」テレビ


続きを読む

前田公の置き土産!

cb23491a.jpg
 

これ、なんだかわかりますか?

わかるあなたはかなりの本陣通

そうです、かめ海がめ の甲羅です。



うちは江戸時代、大名の宿泊所、本陣職をしていました。




「これは加賀の前田公よりいただいた、非常にありがたいかめです」

と祖母から聞かされてきました。


ふーん、てな話ですが、
でもホントは少しニュアンスが違うみたい

参勤交代の帰り、お伊勢参りをされた前田公は、海がめをもらわれました。
で、加賀に持って帰るべく、大名行列で水槽にいれて運ばれました。

しかし、さすがに伊勢から木ノ本まで、えっちらえっちら運んでたら、
かめさんのほうもダウンぎみ・・・
しかもこれから道中は、北陸の山道ばかり、とてもじゃないが、海がめを無事に
加賀まで持ち帰ることは無理だろう・・・

「しょーがない、とりあえずここの本陣にあずけとこう」

てなわけで、あれから約300年、前田さんはなかなかとりに来られません。

大切に保管しております、ハイ!
(ホコリかぶったるちゅうねん汗

ダイ




ランキングに参加しております。ブログをもっと続けてと応援して下さる方は
  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール
記事検索
タグクラウド