レガート日記 たまごの気持ち(漢方の本陣薬局ブログbyサト)

滋賀県の漢方薬局で、周期調節法によって、子宝相談、女性の悩みの相談をしています。 たくさんの女性の笑顔に出会いたいな。 悩める女性のために出来るだけのお手伝いがしたいな。そんなことを考えながら、毎日漢方相談をしています。  創業江戸時代末期、薬剤師第一号という、何とも歴史ある薬局に嫁いで来た直後、ダイ先生の突然の入院。3年間の入退院の繰り返し・・・・つらかったあのころの体験が、きっと役に立つと思っています。一人でも幸せなカップルが増えますように。

子宮内膜症

子宮内膜症のLUF(排卵障害)の中医学的対応

今回の山東研修は、外来研修のすさまじさもさることながら
5人の先生の講義をみっちり受けるという
大変内容の濃いものでした

1.薄型の子宮内膜に対する中医薬対応・・・・張建偉先生

_20180611_235034


2.ARTにおける中医薬の応用    ・・・・張寧先生

_20180611_235230



3.子宮内膜症のLUFの中医対策   ・・・・連方先生

_20180611_235414

4.生理周期の調節と中医薬の応用  ・・・・孫振高先生

_20180611_235702



5.連方教授の二至天癸方について  ・・・・孫金犮先生

(講義中の先生の画像を撮影し忘れました(^-^;)ので・・・・
代わりに懇親会でのツーショット

      _20180612_000004


研修の疲れもあり
途中つらいときもありましたが
何とか頑張りぬきました



2日目は連方先生の外来でした

3人目が欲しいという46歳の方
中国では珍しい相談です

連方先生の親戚の知人のようです

非常にプライバシーを気にされていたので
あまり記載できませんが
その方に何度も
「本当に3人目が欲しいの?」と
意思確認をされていました

本当に欲しいのなら

あまり検査もされておらず
必要な情報がそろっていないことに
いらだちを隠せません
親戚の方にも
当事者の方にも
「このようなことなら私は診ませんよ」と厳しい言葉

いつもは優しい連先生の
厳しい、凛とした対応
真剣な気持ちがあるからこそです


研修、講義について
あまりに内容が多いのですが

講義の中で特に印象に残ったことと
私自身今後気を付けるべきと思ったことは

連方先生の講義において
子宮内膜症である場合、排卵障害になりやすいということです

様々な要因がありますが
卵巣そのものが
子宮内膜症によって変化し
排卵しにくくなってしまう状況です

今迄の経緯で
腑に落ちることが多々あり
これは特に気を付けるべきことと思いました


チョコレート嚢腫を乗り越えて・・・Aさんからのお手紙

暦の上では立春
まだまだ寒い毎日ですが、言葉を聞くだけで
目にするだけで、ほっと癒される気持ちです

私のところに、少しずつ集まってきたお手紙

心から有難いなと思います

また1通、今年ご出産されたAさんからお手紙をいただきました
「漢方薬飲んでてよかった!今考えるととても安産で
漢方薬すごいですね

本当にうれしそうに電話口で
しかもご出産2日目の病室からお電話いただきました

そして、このお手紙

どれだけ私も勇気付けられることか

お手紙の内容は
読みながら、心に汗をかく事柄も書いてあります

一時期、ピルをお休みされたときがありました
チョコレート嚢腫はその病気の勢いによって、
体調によって、また漢方薬の服用方法(予算も含めて)によって
その勢いを抑え切れないときがあります。

様々な理由から、そのときチョコレート嚢腫は少しずつ大きくなってきました・・・・

少しでも早く子宝に恵まれること

Aさんにはそれが何より一番の治療でした
そして、子宝に恵まれ
今があります

image


こういったお手紙を読みながら
一番いい方法を提案することの大切さを再認識いたします

そして心から良かったと思うのです 

 去年から第2第4月曜日をお休みにしています
日曜祝日は、今まで通りのお休みなので
2月少しお休みが増えます。
お渡ししているカレンダーをご覧いただけたらと思いますm(__)m

初めて芽生えた命が、灯台のともし火となることを願って

9月21日(日)から23日(火)までお店の営業をお休みさせていただきます

10月8日(水)から13日(月)は中国婦人不妊症病院研修です
子宝相談はお休みですがお店は営業いたしております。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます



先日のブログ記事更新から
またまたあっという間に日が過ぎてしまいました

大変ありがたいことなのですが
少しの時間の余裕も無い毎日

せめて、勉強する時間だけは何とか確保したい!そう思いつつ
思うように勉強できないジレンマに悩まされ・・・・

「学然後知不足」

私の相談コーナーには、路志正先生の額が飾ってあり
常に戒められています・・・

学びから様々なヒントが生まれ
学び続けることの大切さを知ります

でも、実は大きな先生はお客様です

先日もとても印象深い妊娠報告をいただきました


「自然妊娠すると思っていませんでした
奇跡です」

そうおっしゃられ。信じられないご様子のAさん

結婚9年目の御懐妊です

人工授精
体外受精
病気・・・・そして、自然妊娠に!

今悩んでいる方の
希望の光になる命のともし火

これからまだハードルを乗り越えていく過程ですが
灯台のともし火になればと思います

どうして、Aさんにコウノトリが訪れたのか
そこから学ぶことはたくさんあります
一つ一つの奇跡の積み重ねが
偶然ではなく
必然であるということになること
これが私の使命だと思っています


ピルの副作用、5年で11人死亡…17日付朝日新聞

最近月経痛の対策として
ピルを服用する方が増えており
とても心配しておりました

娘は大学生
友人の中でもピルの服用は多いようです

少し前
フランスでヤーズの服用による死亡例が若い女性に増えている
という話題が問題になりました

確か半年以上前です
その内容を受けての調査でしょうか・・・・

なぜいつも政府は
死亡例が増えてからの対策になるのでしょうか

亡くなったり
障害が残ってしまった方は
元に戻れないのに・・・

ピルの副作用に
血栓症があるということ
御存知なく服用されている方があまりに多いのも心配です

このようなことがあると
やはり月経痛や
更年期障害などの対策は
漢方薬が安心だとしみじみ思いました・・・・

朝日新聞デジタルの記事内容です
   ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131217-00000010-asahi-soci

子宮内膜症を乗り越えて妊娠!

先日、とても勉強になる妊娠報告をいただきました!

私のところに、よくお二人で御来店いただく御夫妻。


お二人からは、いつも前向きに頑張って行こうとされる

素敵な雰囲気が感じられ

私のお話もしっかり耳を傾けてくださるので

私自身も癒されていました。


結婚されてからのお二人は

決して楽ではない状況だったと思います


子宝に恵まれないだけでも充分な悩みだと思いますが

それだけではない悩みがありました。

それでも、何とか前を見ていこうとされる御様子に

私も励まされる思いでした

そして!待望の妊娠!その後の悲しい結果・・・・

立ち直るのもやっとの思い。

つらい状況を乗り越えてのことでしたから、

当然だと思います。


しばらくして、またおなかに新たな命が宿りました。


ところが、2週間前胎児が全く成長していないと凍りついた表情で来店されました。

今までも、このようなことはよくあり

「まだ、大丈夫!希望を捨てないで!」

そう言ってあげられていたのですが

私は、その頃徹夜に近い状態が続き、集中力に欠け

凍りついた表情に、のまれてしまいました。

同じ言葉を言っても、伝わりません。

体調がこんなに精神状態を左右するとは・・・・

甘く考えていました。




漢方薬は、少しでも、お手伝いできるように・・・・・

祈りを込めてお渡ししました。

1週間後

「胎児は成長していました!心拍も聞こえました!」

そんなご報告が!

何回もこのような経験があります。

先日うまくお伝えできずに、とても後悔していた後だっただけに

本当にうれしく思いました。

そして、またひとつ希望の光が増えました。


安心できるところまではもうひと頑張りです。

大きな光になるまで

心強く、悔いのないように出来る限りのことを・・・・

そう思います。

私自身、またひとつ学んだ経験です。


お知らせ


4月2日(金)4月3日(土)は、子宝相談を休ませていただきます。

御迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします





QRコード
QRコード
月別アーカイブ
プロフィール

サト

記事検索
タグクラウド